FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱マイテック コンセプト ガスタービン採用理由について

衝撃のガスタービンエンジンを搭載した全4輪モーター駆動クアッドモータードライブ採用の
コンセプトカー「三菱マイテックコンセプト」が東京モーターショーに登場しました。



三菱マイテックコンセプトPHEV ガスタービン

今回の東京モーターショー2019では、スモールからコンパクトサイズまでの電動車にも適用可能なPHEVシステムを搭載するコンセプトカーとしてMI-TECH CONCEPTを投入した。「スモールからコンパクトサイズまでの電動車は、モーターと電池だけのバッテリーEVが最適といわれているが、もっと遠くまで行きたい、これまでより一歩踏み出したいというニーズがある。この航続距離の問題を解決するPHEVは構成要素が多く、小型車に搭載するのが難しかった。MI-TECH CONCEPTは、この課題を解決する小型、軽量のPHEVシステムを採用した」(加藤氏)という。

かつては自動車に採用されていたガスタービンエンジン
 MI-TECH CONCEPTの最大の特徴なるのが、この小型、軽量をうたうPHEVシステムである。内燃機関を発電だけに用いることを前提にして、ガソリンエンジンに替えてガスタービンエンジンを採用しているのだ。

「MI-TECH CONCEPT」のPHEVシステムなどのイメージ

 ガスタービンエンジンは、1950~60年ごろの自動車に量産採用されたことがあるものの、その後は試作車への採用止まりだった。現在、丸の内エリアで運行するEVバスの発電用エンジンとして搭載されているが、これは数少ない採用事例になっている。
三菱マイテックコンセプトPHEV ガスタービン

 そんなガスタービンエンジンを、MI-TECH CONCEPTが採用する理由は4つある。1つ目は、小型かつ軽量であることだ。発電所や航空機に用いられていることから大型のイメージもあるガスタービンエンジンだが、同出力であればガソリンエンジンよりも小さくて済む。「PHEVにとって、エンジンは動かさないときはただの重りにすぎない」(三菱自動車の説明員)。

 2つ目は、さまざまな燃料を使用できるマルチフューエル性能である。ガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコール、LPガス、天然ガスも利用できる。もちろん、バイオディーゼルやバイオエタノールなども活用できるので、ガソリンエンジンよりも環境対応という観点で有利だ。

 3つ目は「意外と静か」(同社の説明員)なことだ。PHEVは、モーター走行時の静粛性の高さが長所であり、発電時のエンジンの騒音はできるだけ小さくしたい。ガソリンエンジンよりも動作時の静粛性が高いガスタービンエンジンは、この要件を満たす。

 4つ目の長所は、排気ガスがクリーンであることだ。ガソリンエンジンよりも低温で燃焼するガスタービンエンジンはススやNOxが出にくい。モーター走行によって排気ガスを出さずに済むPHEVにとって、エンジンによる発電もクリーンに行う必要があるだろう。

ただし、量産採用に向けて課題もある。まず、ガスタービンエンジンの熱効率はガソリンエンジンと比べて高いとはいえない。「基本的に出力を変動させて利用するガソリンエンジンに対して、ガスタービンエンジンは一定出力での動作が最も効率が良い。全体を平均で見た効率であれば、同じくらいにはなるだろう」(同説明員)。
ガスタービンエンジンとは

 また、自動車で一般的に搭載されていない以上、ガスタービンエンジンを手掛けるサプライヤーとの開発協力も必要になる。三菱自動車との関係でいくと、三菱重工業なども候補に挙がるが「現在は全くの白紙。今回のMI-TECH CONCEPTの発表を契機に、さまざまな企業に協力を募っていきたい」(同説明員)としている。

 さらに、ガスタービンエンジンは、動作時にかなりの熱を出すため排気ファンも必要になる。MI-TECH CONCEPTの車両後部にある4つの排熱ファンはこのためのものだ。


 三菱自動車 COOのグプタ・アシュワニ氏は「今後は、三菱自動車独自のPHEV技術やルノー・日産・三菱アライアンスの技術を活用して電動車のラインアップを拡充していく。具体的には、2022年までに、ミッドサイズSUV、コンパクトSUVに、いずれかの電動化技術を採用した新型車を投入する」と語っている。しかし、現在の開発状況を考えると、MI-TECH CONCEPTのようなガスタービンエンジンを搭載するPHEVが2022年までに登場する可能性は低そうだ。




→⬜元記事に


成る程です。
4つの排気ファンはこのために着いていたんですね!。
しかし、ガスタービンエンジンの開発には、課題も多い様です。
三菱のPHEVの考え方欧州のエンジンをモーターでアシストするのではなく、
エンジンは一定効率で発電してモーターをあくまでも補助する役目です。
なのでこういうシステムが考えられたのだと思います。

三菱マイテックコンセプトPHEV ガスタービン

➡︎◻︎ガスタービンエンジン搭載PHEV 三菱マイテックコンセプトについて既述


東京モーターショー2019 三菱マイテックコンセプト Mitsubishi MI-tech

➡︎◻︎東京モーターショー2019 三菱マイテックコンセプト見てきました①外観編

東京モーターショー2019 三菱マイテックコンセプト Mitsubishi MI-tech

➡︎◻︎東京モーターショー2019 三菱マイテックコンセプト見てきました②ディティール編に
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する