fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

アウトランダーPHEV雪上公道でのスノーモード試乗記事

アウトランダーPHEVの雪上試乗記事がありましたので
紹介します。



試乗ルートは東京から群馬県のスキー場に向かう道程で、降雪直後の圧雪路を走行することになった。アウトランダーPHEVには、19MY(モデルイヤー)から走行モードに「SNOW」と「SPORT」が加わり、まさにその「スノー」の恩恵が得られる環境となった。


周りの一般車両も慎重に走行している中、速度は40km/h前後でスキー場までの山道を登っていく。センターコンソールにあるトグルタイプのスイッチを操作し「SNOW」を選択。もちろんタイヤはスタッドレスタイヤを装着している。余談だが、「4WDだから多少の雪はOKだ」と誤解をしているユーザーもいるが。決してそんなことはなく、4WDでもスタッドレスタイヤはマストな装備だ。

スキー場までは滑る感覚を微塵も感じることなく到着できる。そして電子デバイスが稼働した!といった制御されていることすら感じることなく走行できるのだ。

中略

まず、スノーモードでは通常8:2の前後トルク配分で走行し、滑りを予測、検知すると45:55まで変化する。そしてスノーモードはいうまでもなく安定方向で、ブレーキが繊細に働き、車両が滑らないように制御が入る。これらはフィードフォワード制御であり、滑りの予測をする制御であるため、ブレーキコントロールは繊細だ。ドライバーにブレーキがつままれている感覚は伝わってこない。ちなみにフィードバック制御の場合は、滑ってから滑りを止める制御になるので、ABSのようにブレーキがつままれているのはわかりやすいのだ。

➡︎◻︎元記事に
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する