FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

マツダ があのロータリーエンジン搭載EVを開発 ?と聞くと一見凄そうですが

マツダ ロータリーエンジン搭載EV
久しぶりにロータリーエンジンのニュースを聞きました。
しかもEVとの組み合わせで「これは!」とも思いましたが、実はアメリカでの
規制対策で非主軸路線だそうです。(👉東洋経済記事へ )

但し、EVの弱点航続距離を伸ばす、「レンジエクステンダー」として、小型化に有利な
ロータリーエンジンを組み合わすという発想自体は面白いです。
先の東京モータショーなどで、ドイツ各社などは、EV(PHEV)の方向として、
大排気量のエンジンと組み合わせるのではなく、あくまで発電用、レンジエクステンダー
としての小型エンジンを搭載したクルマの方向性を示唆したものも出てきました。👉VWのHV、PHEV@モーターショー

→レンジエクステンダー BMW i3
しかし現状は電池でただでさえ車重が重くなりがちなEVを稼働する電気を
継続的に充電補給し続けるには、かなりの頻度でエンジンを回し続けなくてはならず
、環境や静寂性等の観点からEV車であるメリットがなくなる懸念があります。
それでも、意外な所でロータリーエンジンの出番が見つかったものです。
今後もEV化によって意外な技術が活きるかもしれません。

その点アウトランダーPHEVは、現状の「絶妙なモーターとエンジンの融合点」という
アウトプットになっている気がします。
基本は「外部からの電気補充と大容量電池に支えられたモーター駆動」
これに「ガソリンエンジン動力からとモーターの回生による発電」
によって電力の補充と実質的なレンジエクステンションを図ります。
そして、電欠及び、節電のために「ガソリン単体による駆動」を用意している
という感じでしょうか。
単なる「エンジン駆動をモーターがアシストする」というトヨタのハイブリッド
システム(ハリアーH.H.も基本これです)とは全く違うシステムです。👉普通のHVとアウトランダーPHEVの違い

今回の「ロータリーエンジンEVに搭載」の方が発想としてはアウトランダー
よりであると思いました。今後このパターンのクルマも各社から開発される予感です。


👉マツダ遂にHV発売 アテンザ@モーターショー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する