FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

初期型アウトランダーPHEV リコール「ナビ不具合」車検後なのでガックリ

愛車の初期型アウトランダーPHEVがリコール対象車、直撃しました。



三菱自動車は2月13日、『アウトランダーPHEV』などのナビゲーションシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
三菱初期型アウトランダーPHEV リコール2020

対象となるのは『アウトランダーPHEV』、『アウトランダー』、『デリカD:5』の3車種で、2013年2月11日から10月18日に製造された3708台。このほか、交換修理用部品が組付けられた可能性がある42台も対象となる。

対象車両は、メーカー装着のナビゲーションシステムにおいて、液晶画面の電源用ICの製造工程での作業が不適切なため、通常使用しない薬液が残留しているものがある。そのため、使用過程でIC内部が断線し、液晶画面へ電源が供給されなくなり、直前直左確認用のカメラ映像が表示されず、保安基準第44条(後写鏡等の基準)に適合しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ナビゲーションシステムのシリアルナンバーを確認し、対象のものはナビゲーションシステムを良品と交換する。

不具合は12件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。
➡︎◻︎三菱公式HP



三菱初期型アウトランダーPHEV

本当に初期型のうち、リチウム電池の不具合で出荷停止になる前の
最初に納車された方々のクルマと思われます。
(2月から10月と書いてありますが、この間6〜8月は
 リコールによる生産販売停止期間なので、ほぼ実質
 その前の方々用がほとんどかと)
3度目の車検を通したばかりなのでガックリです。
ディーラーさんも大変です。

個人のカウントなので正確ではありませんが、
我が家の7年乗っている愛車のアウトランダーPHEV初期型は、
毎年1回のペースでリコールがあり累計8回と記憶しています。
三菱初期型アウトランダーPHEV リコール履歴

発売した時は、時代を5年近く先行していた近未来車だった
事を考えると仕方が無いことかもしれません。
「ユーザーに乗ってもらいながら進化したクルマ」と良く思うことにします(笑)。

さてこれが乗り換え前最後のリコールになるか?それとも、、、
最近はこれもこのクルマの進化の記録と前向きに思う様にしています。



アウトランダーPHEV黒歴史 

p❌hev
yしんぶん
リチウムイオン電池

➡︎◻︎2019 年2月エアフローセンサーリコール

⇒リコール 2017 9月エンジンコントロールユニット内リレー
アウトランダーPHEV 点火プラグ不良リコール2017


⇒□リコール 2017 5月点火プラグ



⇒□リコール 2017 4月 運転中にドアが開く恐れ

三菱燃費不正 2016

⇒□ 2016年燃費不正で販売停止


⇒□2016・6付セキュリティ脆弱性


⇒□2015年 11月燃料ホース継ぎ目

⇒□リコール 2014年その③


⇒□リコール2014年 ②
電池交換作業
➡︎◻︎岡崎工場の電池交換作業を公開!

⇒□2013年 最大のピンチ 全車工場返送バッテリーのせかえリコール
解体ショー

→⬜アウトランダーPHEV 解体ショー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する