fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

全長が40センチ伸び縮みするEV!?。ルノー「モルフォズ」

時々フランス人は突拍子もない様な独創的なモノを
考える事があります。
今回のルノーのコンセプトカーもその一つ。



ルノーグループ(Renault Group)は3月2日、次世代のEVコンセプトカーのルノー『モルフォズ』(Renault MORPHOZ)を発表した。中止になったジュネーブモーターショー2020で発表される予定だった1台。
ルノー「モルフォズ」

ルノーグループは欧州において、EVなどの電動車の販売で主導的地位を確立している。ルノーグループは、将来のモビリティのビジョンを示すEVコンセプトカーとして、モルフォズを発表した。

ルノーグループは、EVコンセプトカーのモルフォズを発表することにより、将来のモビリティのビジョンを提示する。このコンセプトカーは、個人のニーズや用途にパーソナライズするために、すべての限界を取り払う。ルノーグループによると、モルフォズの考え方は、今後数年のうちに登場するルノーの新型車の先駆けになるという。

◆短距離と長距離向けで車体の全長が400mm変わる

モルフォズには、ルノー日産三菱アライアンスのEV向け新開発モジュラープラットフォームの「CMF」を利用する。モーター出力、バッテリー容量、航続に異なるスペックを設定できるだけでなく、車体の長さも使用目的に応じて、変えることができる。フロントフェンダーとリアエンドが、伸縮可能なデザインを採用している。

ルノー「モルフォズ」伸び縮みEV

「シティバージョン」は全長が4400mm、ホイールベースが2730mm。蓄電容量40kWhのバッテリーが搭載されており、1回の充電で最大400kmの航続を可能にした。ルノーによると、都市や郊外での毎日の使用に充分という。
ルノー「モルフォズ」

「トラベルバージョン」では、全長が4800mm、ホイールベースが2930mmに延びる。シティバージョンに対して、全長は400mm、ホイールベースは200mm長い。高速道路などの長距離走行に対応しており、フロントエンドなどが空力性能を向上させるデザインに変わる。室内空間も、2つのスーツケースを収納できるスペースに加えて、乗客用の足元スペースが広がった。バッテリーも、大容量を搭載することができる。
ルノー「モルフォズ」

➡︎◻︎元記事に


これは凄い‼️、フロントタイア前のパーツ部分が伸縮しているのはもちろん、
よく見るとフロントもリアも形状が変わり飛び出しています。
大変面白いアイディアですが、
実車化の現実味が薄いコンセプトカーの一つかと思います。
個人的にはリアエンドの素材は何で出来ているのか気になります。

モルフォ molfo モルフォニカ
ちなみにコンセプト名の「モルフォズ」
の「モルフォ」は南米に住む青光りする蝶のモルフォ蝶が有名ですが、
別に「構造」という意味で使われることもある様です。
角度によって色が変わって見える蝶と形状が変わるクルマをかけているの
かもしれませんね。
漫画バンドリに出てくる少女バンド「モルフォニカ」も検索で当たりました。


以下ルノーの実現しなかったコンセプトカーを、、、

ルノー「トレゾア」ボンネットとルーフが一体で開くEV

➡︎◻︎上下2つに割れるEVルノートレゾア 2015年

ルノー エオラブ

➡︎◻︎ルノーのリッター100キロカー「EOLAB」2014パリ


ルノーKWID

➡︎◻︎ルノーの小型ヘリ内蔵SUV「KWID」2014デリー




東京モーターショー2019 スズキWAKUスポ


➡︎◻︎2019 年東京での形状が変わるPHEV スズキ「WAKUスポ」
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する