FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

日産の電動車両発売計画から想像する、パートナー三菱の発売計画

日経に日産の新型車導入計画が
出ておりました。



日産自動車は2020年度以降、日本市場向けの全ての新型車で、電動車を発売する。多目的スポーツ車(SUV)などの電気自動車EV)を投入するほか、EV以外には独自技術のハイブリッド車(HV)を設定する。日産は22年度に日本で販売する新車の5割をEVか独自HVにする方針。環境規制が厳しさを増すなか、自動車各社は対応を急ぐ。

日産はHVでは独自技術「eパワー」を一部車種に搭載。日本の新車販売のうちEVリーフ」とeパワー搭載車の合計の割合は18年度で25%だった。

この割合を引き上げるため、日産SUV型のEVを20年後半にも、21年には主力の軽自動車「デイズ」シリーズのEVも売り出す。
東京モーターショー2019 日産ブース ariya アリア コンセプト
(東京モーターショーでの小生撮影 アリアコンセプト)

EV以外では、今夏以降に順次発売する日本初のSUV「キックス」や小型車「ノート」の新型にHVとガソリン車のタイプをそれぞれ用意。21年に刷新予定のSUV「エクストレイル」も同様に独自HVタイプを初めて投入する。

日産にとってはEVやHVの販売を増やせば、搭載する電池などの調達コスト削減につながる。
➡︎◻︎元記事に
日産電動化計画




これによると、、
今年20年夏以降、「キックス」「新型ノート」にe-POWER 20年後半「SUV EV」(「アリア」か?)
21年「新型エクストレイル」e -POWER? 21年「デイズEV」「キャシュカイ PHEV(欧州)」
という感じでしょうか。
これにより、三菱の電動車両との順番も想像できるというものです。
20年秋以降「アウトランダーPHEV
どうやら本当に兄弟車となるエクストレイルに先行して発売される様です。
21年以降、「ek EV」、「RVR EV?」
と出てくると電動化が進み、日産との電動部品調達シナジーが
生まれるのではと想像できます。

三菱新型アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ 日産新型エクストレイル FMC

➡︎◻︎ベストカー誌の2020年以降の日産三菱新車発売計画予測

日産アリア EVツインモーターシステム 新型フェアレディZ

➡︎◻︎ベストカー誌の2021年以降の日産、三菱の新車発売計画予想

日産 エクストレイル キャシュカイ カスタム ジュネーブ

➡︎◻︎日産キャシュカイPHEV、2021年欧州で発売

アウトランダーPHEV パワートレイン

➡︎◻︎2016年12月の日産、三菱PHEV搭載SUV発売への第一報
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する