fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

次期アウトランダーPHEVに最も近い「三菱エンゲルベルクツアラー」近況

コロナウイルスの不要不急以外自粛で見に行けませんが、
銀座の三菱ショールームに、東京モーターショーに出展されていた
「三菱エンゲルベルクツアラー」が展示されているそうです。
ここは間近に見れるので、見に行きたい気はありますが、
今は控えます。ベストカー誌のレポートを紹介します。




2019年のジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミアされ、東京モーターショーにも出展された三菱のクロスオーバーSUVコンセプト「エンゲルベルク ツアラー」。2020年4月いっぱいは東京・銀座の「MI ガーデン銀座」に展示される予定なので、モーターショーでは見られなかったディテールを写真で紹介していこう。
三菱 エンゲルベルクツアラー 銀座ショールーム

ツインモーター4WDのPHEVはコネクティッドカー技術も装備

エンゲルベルクとは、スキーリゾートとして有名なスイス中央部にある山間部の村の名。ツインモーター4WDのPHEVとすることで、その名にふさわしい全天候であらゆる路面状況でドライブできる高い走行性能と、PHEVならではの長い走行距離を持ち合わせた、クロスオーバーSUVのコンセプトカーだ。ジュネーブ国際モーターショーに出展されたときのボディカラーはシルバーだったが、今回の展示車両は東京モーターショーと同じツヤ消しガンメタリックだ。

コンセプトカーゆえ詳細なスペックは公表されていないが、サイズ的には全長5m×全幅2mくらいと、けっこう大きい。フロントフェイスには最近の三菱車に共通の「ダイナミックシールド」が採用され、前後バンパーのアンダーガードや、フォグランプを備えた自動開閉式ルーフボックスなど、いかにも近未来のオールラウンド クロスオーバーSUVといったイメージだ。

インテリアも液晶モニターをメーターパネルだけでなく、センターダッシュのディスプレイや空調関係の操作パネルなどにも採用。ドアミラーはカメラとディスプレイでデジタル化されている。3列シートを採用し、1列目と2列目はセパレートのバケットタイプ。カーナビと車両制御を統合したコネクティッドカーシステムも搭載している。
三菱 エンゲルベルクツアラー 銀座ショールーム

アウトランダーPHEVで培ったツインモーター方式のPHEVシステムに次世代の電動化技術と四輪制御技術を組み合わせたエンゲルベルク ツアラー。そのスタイルや技術は、次期アウトランダーPHEVに継承されると言われている。2020年のパリ モーターショーでワールドプレミアが噂されている次期アウトランダーへの期待は増すばかりだ。

➡︎◻︎元記事に




次期アウトランダーPHEVとして見てしまうと、気になるのは
東京モーターショーの時には
ここまで近くでは見れなかったインテリアです。

特にハンドル周りや、メーターのディスプレイが、
非常に進化していて期待が持てます。
ほぼ同サイズの液晶が、メーターとセンターに置かれているのは
意外に合理的かもしれません。
そしてサイドカメラ用の異型液晶はこれが採用されれば、
国産初。:(トヨタ、ホンダは普通の長方形、アウディは異型)三菱進んでいます。
(メルセデスの一枚液晶はどうしてもハンドルで死角ができます)
センターコンソールは宙に浮いていて、宇宙船の様ですが、
これはコンセプトでオーソドックスに下に降りて修正されそうな予感。


東京モーターショー2019 三菱エンゲルベルクツアラーPHEV 次期アウトランダーPHEV

→□東京モーターショーで小生の見たエンゲルベルクツアラー

東京オートサロン2020 メルセデス EQC EQ400 4matic

➡︎◻︎メルセデスEQCの一体型横長液晶パネル


Honda e ホンダ イー プロトタイプ ジュネーブ

➡︎◻︎「ホンダe 」の一体型横長液晶パネルとサイドモニター
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する