'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

現行最後の特別仕様車?「アウトランダーPHEV BLACK Edition」発売

フルモデルチェンジ間近の三菱アウトランダーPHEVから、
現行車最後?になると予想される特別仕様車「ブラック エディション」
が発売されました・




アウトランダーPHEV」特別仕様車「BLACK Edition」
 三菱自動車工業は6月4日、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」の上質でスポーティな特別仕様車「BLACK Edition」を発売した。価格は441万3200円。
アウトランダーPHEV BLACK Edition 2020

 今回の特別仕様車は、内外装の要所にブラックをアクセントカラーとして配し、上質さとでスポーティさを演出。従来は上級グレード「S Edition」にのみ標準装備されていたビルシュタイン製の高性能ショックアブソーバーを採用して、優れた操縦安定性と上質な乗り心地を実現した。
アウトランダーPHEV BLACK Edition 2020

 エクステリアでは、フロントグリルにはブラックメッキ、前後スキッドプレートにはブラックマイカ、フロントフォグランプベゼルにはピアノブラックを採用してスポーティで精悍な表情とし、ブラック塗装の18インチアルミホイールを装着して足下を引き締めた。
アウトランダーPHEV BLACK Edition 2020

ボディカラーは、2トーンカラーの「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」「レッドダイヤモンド/ブラックマイカ」「ホワイトパール/ブラックマイカ」の3種類を設定。ルーフ部をブラックマイカ塗装とすることで、低重心なイメージとしてスポーティさを際立たせた。モノトーンカラーは「ブラックマイカ」を設定して、計4種類のカラー展開。
アウトランダーPHEV BLACK Edition 2020

 インテリアでは、ヘッドライニングと各種トリムをブラックで統一し、スポーティなドライビング空間を創出。本革巻ステアリングホイール、前後コンビネーションシート、メーターフードなどのステッチをレッドとしたほか、ピアノブラックのセレクターレバー、ブラックカーボン調のドアトリムオーナメント、アルミペダルをアクセルおよびブレーキに採用し、スポーティさを高めている。

→■元記事に



今までに発売されたオプションが全てセットされたかの様な豪華な
装備です。
オプションカタログの在庫一層と言った感じです 笑)
そういう意味ではかなりお値打ちに設定されているのでは
と思いますが、アウトランダーPHEVいかんせんベース車の価格が
高くなってしまいました。
新型の値段が非常に高くなってしまうことが心配される
現行最後の?特別仕様車ブラックエディションでした。


2019三菱初売りチラシ ブラックエディション

➡︎◻︎ガスランダー、エクリプスクロスのブラックエディション


アウトランダーPHEV オールブラックス特別仕様

➡︎◻︎こちらはラグビーコラボ「ALLBLACKS Edition」


東京オートサロン2019 三菱 アウトランダーPHEV 純正用品装着車 カスタム
東京オートサロン2019 三菱 アウトランダーPHEV 純正用品装着車 カスタム

➡︎◻︎東京オートサロン2018出展アウトランダーPHEV純正用品装着車、結局オプションとして発売されなかったダイナミックシールドイルミネーション」LED付きクロームライン
これは次期FMC車に持ち越しか?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する