fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

北米版新型エクストレイル「日産ローグ」今秋発売!日本は21年?

ほぼこれが次期エクストレイルと思われる北米用日産ローグが
公開されました。
アウトランダーPHEVの兄弟車であることから、スペックの
いくつか(もしくは多くが)共通すると思われるので非常に興味深いです。



先代のローグは、日本のエクストレイル兄弟車であり、新型ローグは少なくとも外観やインテリアは、「ほぼ新型エクストレイル」だと考えられる。
新型エクストレイル 北米日産ローグ

ボディサイズは、全長4648mm×全幅1839mm×全高1700mm。先代と比べて、全長で38mm長く、幅は同値、全高で5mm低い。ホールベースは先代と同値の2705mm。
フロントマスクは、日産SUVのシンボルであるVモーションを採用し、ヘッドライトは細く切れ上がったLEDで精悍なイメージに刷新。
サイドビューは前後ガラスの形状を先代から踏襲しつつ、ホイールアーチを樹脂製パーツを使い、またサイドステップで華麗さを演出。
リアビューも先代をモチーフに、リアコンビライトを小型化するなど凝縮感を強調した。
新型エクストレイル2021 北米日産ローグ2020

インテリアは、先代から大きく変わって、ハリアーやレクサスRXに対抗するような高級な上質感。
ダッシュボードは、12.3インチのデジタルダッシュボード、クラス最大の10.8インチのヘッズアップディスプレイ、そして9.0インチのタッチスクリーンを組み合わせた。
では、注目のエンジンは?
先代と同様にエンジンは2.5L直列4気筒のみで、出力は先代比11psアップ。変速機はエクストロニックCVTとなる。
駆動方式はFFと、インテリジェントAWDの2タイプ。
予防安全ではもちろん、最新のプロパイロットを装備する。
→■元記事に


次期エクストレイル   4648×1839×1700
現行エクストレイル   4640×1820×1690
現行アウトランダーPHEV 4695×1800×1710
新型ハリアー      4740×1855×1660
新型RAV4 4610× 1865×1690

どうやら現行アウトランダーPHEVユーザーから見ると、
短く幅広くなる傾向の様です。
ハリアーは長く、RAV4は短く作られている様です。
しかしほぼ競合サイズと言えます。


以下は別の記事に詳細な機能説明がありました。


新型エクストレイル2021 北米日産ローグ2020

 照射面積を拡大した新型多段式LEDヘッドライトを全グレードに標準装備するほか、迫力あるフロントグリルのデザインにアクセントを加えています。また、LEDフォグランプを「SL/PLATINUM」グレードに標準装備しました。
 ボディサイズは、現行ローグより若干短く低くすることで力強さを強調。空力特性としては、フロント下部の「3D」タイヤディフレクター、エンジンルームへの空気の流れをコントロールするアクティブグリルシャッター、アンダーボディカバー、フロントからサイドへの空気の流れを正確に誘導する独自の「エアカーテン」などにより操縦性を向上させました。
新型エクストレイル2021 北米日産ローグ2020

 シートは、グレードによって異なり本革シートまたはキルト調セミアニリン本革シートを標準装備し、内装カラーはチャコール、グレー、タンの3色を設定。
 また、シフトレバーの下側にある機械部分が新設計により不要となったことで、センターコンソール下の収納スペースを確保しています。
 さらに、これまで前席のドアハンドルにしかなかった解除/施錠のボタンが、後席ドアのハンドルにも設置されたほか、後席ドアの開閉が90度近くまで開くため、チャイルドシートなども出し入れがしやすく乗降性が格段に向上しました。
 そのほか、前後席シートヒーター、サイドミラーヒーター、ステアリングホイールヒーター、メモリーシートを装備。また、「インテリジェントアラウンドビューモニター」、標準装備の「リアクロストラフィックアラート」と「リアオートマチックブレーキ」がドライバーをサポート。
新型エクストレイル2021 北米日産ローグ2020

 また、Apple CarPlayとAndroid Autoを搭載したNissanConnectを標準装備し、Bluetoothによるさまざまな操作が可能となるほか、新型ローグは、発売後まもなく利用可能になる予定のワイヤレスApple CarPlayも設定しており、このワイヤレスApple CarPlayは、iPhoneをポケットや財布、バッグに入れたまま、ドライバーや同乗者がCarPlayを起動することができるものです。
 新しいワイヤレススマートフォン充電器(最大15ワット)を搭載するほか、充電口には、USB Type-CとType-Aの両方の充電ポートもあります。
新型エクストレイル2021 北米日産ローグ2020

 新型ローグには、10.8インチのフルカラーヘッドアップディスプレイ、12.3インチのデジタルダッシュボードゲージクラスター、9.0インチの大型フローティングタッチスクリーンディスプレイの組み合わせにより、さまざまな情報をドライバーが得ることが可能です。
 ローグ初となるヘッドアップディスプレイは、さまざまな車両情報にアクセスしながら、周囲の状況や前方の道路の状況を確認できるように設計されており、ドライバーの負担やストレスを軽減することができます。
 ヘッドアップディスプレイの下には、12.3インチのデジタルダッシュボードゲージクラスターを装備(一部グレード)。9.0インチフローティングタッチスクリーンは、ナビゲーション、オーディオディスプレイ、気候情報などの情報が表示されます。

■パワートレインや安全装備はどうなった?
 現行モデルのパワートレインは、ローグが2.5リッターガソリンエンジン、エクストレイルは2リッターガソリンまたは2リッターハイブリッドを搭載。新型ローグでは、現行モデル同等の2.5リッターガソリンエンジンを搭載し、11馬力アップの181馬力となっています。
 ビークルモーションコントロールは、改良された全輪駆動システムおよび走行モードと連動して、4輪のタイヤを個別制御することで、コーナー時でも正確に曲がることが可能です。
 ドライバーが任意に選択出来る走行モードにおいて、FFモデルではスポーツ、スタンダード、エコという3つのドライブモードを設定。全輪駆動モデルには、オフロード、スノー、スタンダード、エコ、スポーツの5つが用意されており、センターコンソールに取り付けられたドライブモードセレクターを使って切り替えができます。
 また、ビークルモーションコントロールシステムは、常に作動している状態で、雪の斜面、深い雪、雪の平坦な旋回、オフロード走行(ビーチやダートトレイルなど)での走行時に特に有効です。
 新型ローグの安全装備は、「日産セーフティシールド360」を全ラインナップに標準装備。
 日産セーフティシールド360とは、歩行者検知機能付き自動緊急ブレーキ、ブラインドスポット警報、リアクロストラフィックアラート、車線逸脱警報、ハイビームアシスト、リア自動緊急ブレーキなどの技術を搭載します。
 また、セーフティシールド360に加え、「インテリジェント・ドライバー・アラートネス」と「リアドアアラート」を全グレードに標準装備。
新型エクストレイル2021 北米日産ローグ2020

 新型ローグでは、次世代レーダー技術とカメラ技術を用いて、よりスムーズなブレーキング、ステアリングアシストのフィーリングの向上、他車が車線に割り込んできた際の検知性能の向上などを実現しました。
 これにより、2019年夏に日本で発売された「スカイライン」に搭載された「プロパイロット2.0」同等の「ProPILOT Assist with Navi-link」を一部モデルに標準装備しました。
 また、高速道路でのストップ&ゴー時の停止時間を従来の3秒から最大30秒に変更(ナビリンク付きProPILOT Assist装着車のみ)することで、ドライバーが機能をリセットしたり、アクセルを踏んだりすることなく、車両を停止させたまま自動走行させることができます。
 また、交通標識認識機能を利用して、制限速度が上がったり下がったりした場合に、自動的に車速を更新することも可能です。

→■元記事に




実車はかなりカッコいいのでは!と思わせる写真の数々です。
(アウトランダーPHEVも期待できるかも!?)
そして素晴らしいのがインテリアです。これは今までの
エクストレイルよりは車格が上位のハリアーレクサスRXにも
対抗できるぐらいです。
(アウトランダーPHEVにもそこそこ期待したいです、、、苦笑)
センターコンソールの形状とセレクターの位置は使いやすそうです。
そして気になるヘッドアップディスプレイ、大型液晶、
そして大型液晶タッチスクリーンの組み合わせ、、、
グレードが高い機種になるそうですが羨ましい装備になりそうです。

そして、パイロット2.0」同等の「ProPILOT Assist with Navi-link」
というのが装備されるそうですがこれの三菱版は出るのでしょうか?
アウトランダーPHEVがプラグインハイブリッドの分高価になるので
エクストレイルはインテリアや安全装備にお金をかけて車格を上げ、
三菱はその分インテリアや安全装備は簡素化されるのか?
非常に期待が高まる一方、気になる兄弟車の装備でした。


新型日産エクストレイル 日産ローグ

➡︎◻︎日産ローグ既述記事に

三菱アウトランダーPHEV2020 フルモデルチェンジ

➡︎◻︎新型アウトランダーPHEV2020を勝手に予想する(全8回のリンク付)

トヨタRAV4PHV 対三菱アウトランダーPHEV 現行

➡︎◻︎トヨタRAV4PHV vs現行アウトランダーPHEV
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する