fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

企業イメージを大きく下げるバッドニュース「三菱自 商品企画マネージャー自殺」

三菱にまた悪いニュースが、
本社の軽自動車商品開発マネージャーが自殺したという。




三菱自動車工業(東京都港区)の男性社員=当時(47)=が2019年に自殺したのは、月139時間超の残業による精神疾患が原因だったとして、三田労働基準監督署(同)が労災認定したことが17日、分かった。代理人の川人博弁護士らが同日、都内で記者会見して明らかにした。認定は5月28日付。

三菱自動車 社員自殺 アウトランダーPHEV ek クロス


 川人弁護士によると、男性は1993年4月入社。プラグインハイブリッド車などの開発に長年携わったが、18年1月から経験がない軽自動車の商品企画を担当した。同業他社と共同開発した軽自動車が19年3月下旬に発売されることが決まり、男性は両社の業務調整や販売店への説明などで多忙になった。
 男性は19年2月7日、横浜市内の寮の自室で自殺。労基署は直前1カ月の残業時間が139時間超で、これが原因となり精神疾患を発症したと認定した。同弁護士は、社外でパソコンを使って働いた記録を含めると、153時間を超えると指摘している。
三菱自動車 社員自殺 アウトランダーPHEV ek クロス




→■元記事に

なんとアウトランダーPHEVの担当を経て、日産との共同開発の新型ek、ekクロスの
ご担当だった方だそうです。
お悔やみ申し上げます。
そして日産との調整や、社内のあつれき等さぞ大変だったのだろうと察します。
(日産との調整が同じようにある新型アウトランダーPHEVの担当者様一同、
どうかご自愛ください)

それにしても人材不足のこの状況下で、社員の自殺は頭を抱えたくなる程、
企業イメージの低下、そして新卒の募集にマイナスです。
何故この状況まで行く前に、社内上層部の助けが無かったのかを疑ってしまいます。
社内や上層部の意向を商品企画部中間管理職が拒否できず、必死で受け止めざるを得ない
環境なのかもしれません。
少しづつ体質が変わっていくことを期待していますが、三菱自、悪い意味で
まじめな企業風土なのかもしれません。

良いクルマづくりは、お客様が望む、買ってよかったと思うクルマに仕上げることです。
ワクワクするクルマを作るには、作っている方々がワクワク楽しんで仕事をするのが
望ましいと思います。
アウトランダーPHEVもekクロスも良いクルマなのに。
作っておられる方が、お亡くなりになる程の環境下だったことは、三菱オーナーとして
大変悲しい思いです。
社員に温かい会社になって、その上で良いクルマができることを期待します。
人を大事にする会社でないと今後はステイクホルダーの支持は得られないと思います。




三菱ディーゼル ドイツ燃費不正疑惑

➡︎◻︎今年のバッドニュース三菱ドイツで燃費不正

クローズアップ現代 三菱自動車不正
(写真は2016年燃費不正事件のクローズアップ現代より)

三菱自動車 燃費不正会見
三菱自動車 燃費不正報道


→■2016年4月燃費不正第一報記事

三菱自動車 燃費不正プログラム開発 25年間使用
三菱自動車 燃費不正 補償額 対象車種


→■2016年5月燃費不正事件の顛末
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する