fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

手慣れていない(笑)アウトランダーPHEV 電気料理記事を紹介します

アウトランダーPHEVの試乗記事を書くライターの方が、
初めて1500Wの給電で電気を使うと、結構手慣れていないことが
露呈して面白いです。(そりゃそうですよね ごめんなさい)
サンケイビズ編集部の方の記事(冬物ですが)を紹介します。




このクルマの最大の魅力は何と言っても「外出先で気軽に電気が使える」ということ。バッテリーの電気を使って様々なアウトドア・アクティビティが楽しめちゃうのだ。給電機能を持ったクルマはほかにもあるが、アウトランダーの最大出力は1500Wという大電力。ほかのクルマはオプションで100V電源を付けても、出力はせいぜい100W。これでは携帯電話やゲーム機を充電することしかできない。逆に1500Wもあれば、パソコンや電子レンジ、冷蔵庫やヘアドライヤーなどなんでも使うことができる。これまでのクルマの概念を変える大エネルギーだ。
三菱アウトランダーPHEV 電気料理 富士五湖 サンケイビズ

 だったら実際に大電力を使ってみよう!ということで、「電気しか使わないアウトドア」を試してみた。電気調理器具や食材、テーブルやチェアを積み込んで富士五湖へいざ出発。途中、談合坂SAで充電しようとしたが、2基ある充電スタンドはすでに日産リーフとi-MiEVが使っており、その後ろには初期型の2代目アウトランダーが待機中。この辺のインフラはまだまだ不便さを感じた。ちなみにアウトランダーは、30分の急速充電で約80%までバッテリーをチャージできる。

 中央道をひたすら走って河口湖インターで下りたのだが、前日までのぽかぽか陽気がまるで嘘のように、パラパラと雪が降ってきた。これはまずい。広報車を予約した時は降雪など全く予想していなかったので、「スタッドレスですか? もう必要ないと思います」と三菱自動車さんのオファーを断っていたのだ。「雪が強くなって路面に積もり始めたら残念だけど帰ろう」-。スピードを落として慎重に目的地を目指した。

何とか湖までたどり着いたので、湖岸にクルマを下して外に出てみる。「おぉ、超寒い!」。たくさんのアウトドア用品を積んできたが、仕事じゃなければすぐにでも引き返すレベルだ。2月のウェイクのロケに続いて眼前の富士山が全く見えない。以前、日本に遊びに来たノルウェー人の友達が持っていた日本のガイドブックに「Mt. Fuji is extremely shy(富士山はなかなか姿を見せてくれない)」と書いてあったことを思い出す。

三菱アウトランダーPHEV 電気料理 富士五湖 サンケイビズ

到着後、まずはコーヒーを淹れる。もちろんコンセントにつないだ電気ケトルです
電気ケトルでお湯を沸かして優雅なコーヒータイム。大自然に囲まれて飲むコーヒーはまた格別
コーヒーを飲んでリラックス。アウトドアはやっぱり気持ちがいい
鱈の切り身を使った魚料理。作ってもすぐに冷める!でも、これはこれでオイシイ
アウトドアで食べる料理はとても美味しかったのだが…とにかく冷めるのがめちゃくちゃ早い
 それでも目の前に広がる湖と雪化粧した山々がとてもきれいで心を癒してくれる。テーブルとチェアを組み立てて電気ケトルを用意し、アウトランダーの電源につないでお湯を沸かす。あえて大自然の中でやることにやや違和感があるが、ここで淹れるコーヒーが美味しくてとても温かい。「こういうのもイイね」とちょっとした幸福感を覚える。

三菱アウトランダーPHEV 電気料理 富士五湖 サンケイビズ

 次は料理だ。IHクッカーを使って、鱈とニンニクをオリーブオイルで軽くソテーしていく。付け合せも準備。鱈が出来上がったらお皿に盛りつけてケーパーをまぶし、少量のバルサミコ酢を振る。言い忘れたが、料理中もしんしんと雪が降っている。「オレ、ここで何をやっているんだ…」。料理が美味しく出来上がったのはいいのだが、とにかく冷めるのが早い。メーターで気温を確認したらなんと0度。そりゃ周りの人が物珍しそうにこっちを見るわけだ。

 ちょっと気になったのでクルマの電気残量を確認してみると、全く減っている様子はない。これなら余裕だ。最後は電気鍋を出してチーズフォンデュを作る。めちゃくちゃ寒いとはいえ、都会の喧騒から離れて外でフォンデュを食べるなんて、なかなか贅沢。最後に締めのコーヒーをもう一杯。これをすべて電気のみで楽しんでいることに新鮮さを感じる。

➡︎◻︎元記事に



仕事となると、天気を都合にできないので大変ですね。
ご苦労様ですと言いたくなります。
やはりアウトランダーPHEVの給電機能を使うのは、
夏場の方が楽しい様です。
また、この記事を見て、
金属が無いと発熱しないIHよりも、普通の電熱系調理器具の方が
冷めずに美味しく調理できるのになと思いました。


アウトランダーPHEV 電子レンジ使用 パスタを茹でる

➡︎◻︎ライターの方のアウトランダーPHEVで電子レンジ使用例

不動の滝オートキャンプ場 ブルーノホットプレート

➡︎◻︎小生のイデア ブルーノホットプレート アウトランダーPHEVで使用例


EVデイキャンプ 那須キャンプラビット

➡︎◻︎小生のアウトランダーPHEV 電気デイキャンプ例
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する