fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

「日産アリア」ほぼコンセプトカーのまま2021年登場!新ロゴも公開

注目の日産EV「アリア」が公開されました。
今日はあえて日経ビジネスの記事で紹介します。



日産自動車は7月15日、国内で2021年半ばの発売を予定するクロスオーバーSUV(多目的スポーツ車)型の電気自動車EV)「アリア」を世界初公開した。「アリアには日産車の魅力がすべて詰まっている。単に新型車の1つではない。日産の歴史の新たな扉を開くモデルだ」。日産の内田誠社長兼CEO(最高経営責任者)は発表会でこう強調した。
日産新EVアリア 

 アリアの価格は補助金など込みの実質で約500万円からとなる見込み。上位グレードはそこから100万円以上高くなるもようだ。決して大衆車とは呼べないが、アリアの開発責任者、第一製品開発本部の中嶋光車両開発主管は「日産の象徴であり、もうけようという車ではない」と断言する。
日産新EVアリア 

 日産がEV「リーフ」を市場に投入したのは2010年。量産型EVでは先行したように見えるものの、EV専用のプラットホーム(車台)を独自で開発したのはアリアが初めて。「リーフは既存のガソリン車の車台を活用していて、電池を置くスペースは凸凹があった。アリアはEV専用の車台で車両下部に高さ12センチメートルの薄型電池を平面に這わせている」(中嶋氏)。それにより、室内空間と電池容量の両方を確保したという。
 リーフは19年1月に発売した上級モデル「リーフ e+」で容量62kWhの電池を搭載した。一方、アリアでは電池容量が65kWhと90kWhのモデルがある。90kWh(2輪駆動車)の場合、公的な計測上の航続距離は610キロメートルに達する。
 専用車台の開発により、モーターとエアコンユニットが入る「モータールーム」も小型化した。前輪の中心と後輪の中心の長さは2.775メートルとSUV「エクストレイル」より7センチ長い。電池の容量を大きくできただけでなく、車室空間のゆとりにもつながった。エアコンユニットがモータールームに組み込まれたため、前席も足元の仕切りが無くなっている。
日産新EVアリア 充電リッド

 電池を一定温度に保つ仕組みも取り入れた。リチウムイオン電池が充放電の能力を発揮しやすいセ氏30~50度を維持するように、水冷式の配管を電池内に組み込んだのだ。リーフなど従来のEVでは、夏場などに電池が高熱となり十分に充電できないケースもあった。
アリアを生産するのは、高級ブランド「インフィニティ」なども生産する栃木工場(栃木県上三川町)。仏ルノー、三菱自動車とのアライアンスでは、日産はEV、アリアと同等のサイズの車で開発を主導する「リーダー」の役割を担う。とはいえ3社の新たな枠組みは今年に入って正式に打ち出されたもの。その前に開発が始まったアリアにとって、アライアンスの動向は後付けにすぎず、EVで世界に先行したい日産の意地を示す「日本発」のモデルといえる。
 開発に当たって意識したのは米テスラのSUV「モデルY」の存在だ。モデルYは5万ドル前後でアリアの価格帯と重なる。「室内の広さは勝っている。加速性はモデルYが優れるかもしれないが、静粛性、乗り心地でも乗員が気にかけないところを気にかけて開発した」(中嶋氏)という。
日産新EVアリア インテリア

 日本発のアリアだが、ターゲットとなる主な市場は厳しい環境規制が導入されている「中国や欧米」(中嶋氏)。それでもあえて発売は日本から始める。フロントグリルや内装に格子柄を取り入れるなど、デザイン面でも日本のアイデンティティーを意識している。
日産新ロゴ

 海外市場を優先した結果、日本への新車投入が後回しにされてきた日産。復活に向けたAからZまでの全12車種の新車計画のAにあたるのがアリアで、19年ぶりに刷新したブランドロゴも披露された。日産が「本気」になったEVに消費者が飛びつくかどうか。その売れ行きは、日産がブランドイメージを再構築できるかどうかを占う。
➡︎◻︎日経ビジネス記事に(会員のみ)


日産の新ロゴに関しては以下も紹介します。



車両サイズは全長4595mm × 全幅1850mm × 全高1655mm。外寸はトヨタの「RAV4」と同じくらいですが、ホイールベースは2775mmとかなり長くなっています。

日産新EVアリア 

ボンネット下にエンジンを持たないEVは、通風口としてのフロントグリルを必要としないため、フロント部分はスモークがかったパネルで覆われ、その内側に半自動運転技術に必要なセンサー類を搭載。表面には日本伝統の組子から着想を得たという立体的なパターンが刻まれています。

日産新EVアリア 

中央で(文字どおり)光っているのはアリアから採用された日産の新しいロゴ。時代に合わせて以前より洗練された印象ですが、伝統の「至誠天日を貫く」という言葉を表した丸い太陽を貫く水平線のモチーフは受け継ぎます。
➡︎◻︎元記事に



昨年の東京モーターショーで公開されたコンセントカーと
ほぼそのままで発売されるので凄いです。
価格ももっと高くなるものと思ってましたが、500万からとは
このクオリティから言えば、お値打ちではないでしょうか。
日産新EVアリア 
最新のプロパイロットも搭載していますし、
日産新EVアリア インテリア
特に物理スイッチを一切廃したコントロールパネルは、
未来感抜群です。従来のクルマとは一線を画しています。
今後のプレミアムEVの基準となる良い仕上がりだと思います。
是非実車を見てみたいです。

日産 アリア インテリア ディスプレイモニター

➡︎◻︎日産アリアの使いやすそうな最新液晶ディスプレイ

東京モーターショー2019 日産ブース ariya アリア コンセプト

➡︎◻︎東京モーターショーで小生撮影のアリアコンセプト


テスラ モデルY Tesla model Y

➡︎◻︎競合車テスラモデルY



VWロゴ変更

➡︎◻︎こちらはVWの新平面ロゴ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する