fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

4Lターボエンジン+トリプルモーター、フェラーリ初PHEV「SF90ストラダーレ」

現状最高馬力の市販PHEVと言える
フェラーリPHEVを紹介します。




昨年10月、東京でも発表されたフェラーリ初のプラグインハイブリッド「SF90ストラダーレ」は将来的に最も有力視されるべきモデルだ。
パワートレーンは780馬力の4リッターV8ガソリンツインターボエンジンとゲトラグ製8速ギアボックスの間に挟まれた203馬力の電気モーターに、フロントは左右独立した各85kWの電気モーターを組み合わせ、システム出力は1000 馬力。1570kgの跳ね馬を0-100km/hまで2.5秒、200km/hまで6.7秒で加速し、最高速度は340km/hに達する。
フェラーリ初PHEV「SF90ストラダーレ」

フェラーリの聖地マラネッロで対面したSF90は全長4710×全幅 1972×全高1186mmの真っ赤なボディで、全体のデザインはこれまでのV8モデル「488GTB」や「F8トリブート」の流れを汲むものだが、ヘッドライトなどのディテールは一層シャープな仕上がりを見せている。フェラーリファンにとってリアコンビネーションライトが丸型から小さな変形四角形になってしまったのはちょっと残念かもしれない。
フェラーリ初PHEV「SF90ストラダーレ」

フェラーリエンブレムの入ったライターのようなキーをセンターコンソールに置いて、バケットシートにもぐり込むと、正面のマルチファンクションスポーツステアリングホイールが迫ってくる。

赤いスタートボタンはタッチ式に変わっており、最初のワンタッチで「ON」、正面の16インチの曲面デジタルバーチャルディスプレイが起動、様々な情報が表示される。再びスタートボタンに触れると「READY」すなわちスタンバイモードで、ここで昔のシフトゲートを思わせるセレクトスイッチで1速ギアをセットし、アクセルペダルを踏み込むとまずはフロントにある各135馬力を発生する2基の電気モーターによって、フェラーリらしからぬ無音の電気走行が始まるのだ。
フェラーリ初PHEV「SF90ストラダーレ」

このゼロエミッション走行はフェラーリ初のFFでEV航続距離は最大で25km、その間の最高速度は135km/hである。ドライブモードは「e」の付いたマネッティーによってE(EV走行)、ハイブリッド、パフォーマンス、そしてクオリファイといかにもF1=フェラーリらしいパターンが選択できる。マラネッロ郊外の一般道路では「ハイブリッド」で十分にダイナミックなドライビングを楽しむことができた。ワインディングロードでは、フロントの2基の電気モーターの行うトルクベクトリングによるクイックなターンインに胸のすくような感覚を覚えた。
フェラーリ初PHEV「SF90ストラダーレ」

一方、フィオラノテストコースでは軽量バージョンの「アセット フィオラノ」で走ることに。まずは「パフォーマンス」を選択、ペダルを踏み込むと背後からV8ツインターボエンジンが炸裂、同時に3基の電気モーターが世界最強のカルテット演奏を始める。このスポーツバージョンはスタンダードよりも明らかにシャープなハンドリングとパワー展開を示した。特にミシュラン パイロット スポーツ カップ2は非常に高いグリップ性能で、サーキット走行でタイムアタックを促してくる。ちなみにSF90をオーダーしたオーナーの50%はこの軽量バージョンを選択しているという。

最後に価格だがスタンダードバージョンが5340万円、アセット フィオラノはさらに570万円の追加料金が必要となる。ただし現在は完売状態で、今注文してもデリバリーは間違いなく2年先となる。
➡︎◻︎元記事に




以前から注目してきたフェラーリの初PHEVです。
本当に既報通りに発売されました。
どうやら性能も、お値段もそして納車待ちも含めて
とんでもないクルマだとわかりました。
トリプルモーターの位置は、前にツインモーター、
ミッドシップエンジンのそばに1モーターです。

それにしてもこのハイパワーにして
積んでいるリチウムイオン電池小さい!
前にも書きましたが、
EV航続距離25キロにはちょっと笑えます。
このクルマで飛ばしたら一瞬ですね。



フェラーリ SF90 Stradale PHEV

➡︎◻︎フェラーリ SF 90ストラダーレ過去記述

ロータス『エヴァイヤ』(Lotus EVIJA) EV

➡︎◻︎こちらも速そうなロータス エヴァイヤ

マスタング コブラジェット EV ドラッグレース

➡︎◻︎フォードマスタングコブラジェットEV早い!

フェラーリ 横浜みなとみらい

➡︎◻︎横浜のフェラーリ正規ディーラーを恐る恐るのぞいてみた
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する