fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

RAV4 PHV人気で「PHVは、ハイブリッドから主役の座を奪うのか?」ベストカー誌説

昨今の日本における電動車両のヒット車といえば、
発売直後に3000台の年内予定販売台数を売り切ってしまった
トヨタの「RAV4 PHV」です。
この人気がHVを脅かすかどうかについてベストカー誌の記事を
紹介します。




率直なところ、たとえ30年後であっても、PHVがハイブリッド車から主役の座を奪うことはない、と筆者は考えている。
 その理由は「価格」と「車重」だ。下記の表に、現在日本で販売中の国産PHVと、そのベースとなったモデルのスペックを載せたので、参照してほしい。
PHEV プラグインハイブリッド 価格表 いくら高いか RAV4PHV

プラグインハイブリッド車の価格の高さは、バッテリーの価格差であることは間違いなく、さらには車両重量の増加が著しい
 PHVの価格の高さは、ご覧のとおりだ。RAV4 PHVはハイブリッドに対して約110万円のアップ、プリウスPHVはプリウスに対して約75万円のアップ、アウトランダーPHEVは約76万円のアップとなる。


 その要因はもちろん、駆動用バッテリーやPHV専用パワートレインにある。リチウムイオンバッテリーの価格が大崩落でもしない限り、この価格差は埋まることはない。
 現時点は、まだPHVが少なく、アーリーアダプターの方達を中心に、注目を集めてはいるが、これが落ち着いてしまえば、ハイブリッド車とは決して埋まらない価格の高さが、よりネックとなってくるはずだ。


 そして、もっと問題なのがPHV化による車両重量の増加だ。RAV4 PHVはハイブリッドに対して210kgアップ、プリウスPHVはプリウスに対して160kgアップ、アウトランダーPHEVは280kg、と、PHVとなることで、とんでもなく重量が増えるのだ。
 環境性能を考えれば、効率の良いパワートレインで、軽い車重のクルマを動かすのが適していることは、物理の初歩を学んだ方であればおわかりのはず。
 そのため、どのメーカーもEV航続距離の長さや加速の良さといった「パフォーマンス」をアピールする。「最新のエコカー」であるプラインハイブリッドの存在を、否定しかねないからだ。

トヨタRAV4PHV ワートレイン TNGA K 「THS II Plug in」
(RAV4PHV:新開発のプラグインハイブリッドシステム「THS II Plug-in」大容量リチウムイオンバッテリーを車体中央の床下に搭載し、バランスをとっている)

 ハイブリッド車のバッテリー容量にしても、今よりも増えることは考えられるが、それらはすべて、車両価格と車両重量にも跳ね返ってくる。
 そのため、環境性能を考慮すると、EV走行距離が延びるとはいえ、無下に容量アップはできない。
 PHVの圧倒的な加速性能や、EV航続距離は確かに魅力的ではあるが、価格への跳ね返りが大きすぎる。
 高額なPHVを買うよりも、そこそこのパフォーマンスだが環境コンシャスなハイブリッド車の方が、現実的には正しい選択といえないだろうか。
 今後もハイブリッド車が主役の座を守り続け、PHVはハイブリッドに代わる存在にはなり切れないはずだ。
 今後は、比較的廉価なクルマにはハイブリッドが、高価なクルマの一部にPHVが設定されていく、というのが、筆者の予想だ。

日産ローグ(エクストレイル)と三菱エンゲルベルクツアラー(アウトランダーPHEV)比較
(次期エクストレイルに近い日産ローグと次期アウトランダーと言われる三菱エンゲルベルクツアラー)

 主役とまではいかないまでも、RAV4 PHVの登場、そして、このあと三菱&日産アライアンスから登場するであろうPHV(編注:日産エクストレイル/三菱アウトランダーに設定される見込み)を通して、日本市場でももう少しPHVが注目される存在になる可能性はある。
 しかし、そのためには、より一層のインフラの充実が必要だ。最近、高速道路のPAやSAにある充電ステーションに、電動車が列をなしている光景をよく見るようになった。

PHV、EVなどの普及で充電ステーションなどのインフラの整備が必要になってくる
 充電ステーションが増えてきたとはいえ、一か所に2基あれば多い方である。フルEV車の場合、電力がないと死活問題となる。
 PHVが国内で普及するためには、こうした充電設備のより一層の充実はもとより、現行の充電設備を充電速度が速い設備へ更新をしたり、また、急速充電時のバッテリー加熱を防ぐ温度調整機能なども、必要となるだろう。
➡︎◻︎元記事へ



確かに価格差やインフラの問題で、量でHV車を脅かすことには、
ならないと思います。
しかし今回のRAV4PHVが、完売した様にガソリン車やHV車に対して
価格差があっても性能に期待した人が試乗もせずに3000台超えの予約を
入れたのだと思うとプラグインハイブリッドに対するニーズは
高くなってきていると実感します。

三菱エクリプスクロスもスペックではRAV4PHVに敵わないかも
しれませんが、急速充電できるメリットを活かして
売れてほしいものです。

個人的には2022年発売に延期になってしまいましたが、
やはり本家本元のアウトランダーPHEVのFMCと、
そのパワートレインを搭載した日産エクストレイルに期待したいです。



トヨタ RAV4PHV

➡︎◻︎トヨタRAV4PHV受注中止は電池調達不足


トヨタRAV4PHV

➡︎◻︎トヨタRAV4PHV 年内受注中止

スズキアクロスPHV PHEV RAV4

➡︎◻︎RAV4PHV売切原因の一つスズキへのOEM供給


トヨタRAV4PHV ワートレイン TNGA K 「THS II Plug in」

➡︎◻︎RAV4PHVは、「新最高基準PHEV」のポジションを三菱から奪取?



日産・NEC・大京による「マンションにEV充電器設置プロジェクト」

➡︎◻︎EV、PHEV普及にマンション駐車場の壁
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する