fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

アウトランダー PHEV、米国開催の女性だけで競うラリーに参戦

久々に三菱車のラリー参戦の話を聞きました。
以下に紹介します。



三菱自動車の米国部門は8月18日、『アウトランダー PHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)が、10月に米国で開催される女性だけで競うラリーレイド、「Rebelle Rally」に参戦すると発表した。
「Rebelle Rally」

同ラリーは、米国ネバダ州とカリフォルニア州の砂漠地帯を舞台に、10日間で2000km以上を走破するラリーレイドだ。2016年に開始された同ラリーには、「4×4」と「クロスオーバー」の2つのクラスがある。2020年からは電動車も出走可能となり、EVやハイブリッド車、プラグインハイブリッド車(PHEV)が参加できる。

同ラリーでは、電子機器の使用を禁止している。スマートフォンやタブレット端末、パソコン、GPSは使えない。参加者は地図と方位計を頼りに、コースに設けられた複数のチェックポイントを通過することが求められる。

三菱自動車の米国部門は2019年、『エクリプスクロス』で同ラリーに出走した。クロスオーバーのクラスにおいて、2位の成績を残している。
「Rebelle Rally」2019三菱エクリプスクロス 2020 三菱アウトランダーPHEV参戦

三菱アウトランダーPHEVは、世界で最も売れているプラグインハイブリッド車だ。最新モデルは、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、蓄電容量12.0kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わる。EVモードは、最大で35km(米国仕様)。「CHAdeMO」の DC急速充電システムを利用すれば、バッテリーは25分で充電できる。

「Rebelle Rally」2020 三菱アウトランダーPHEV参戦

➡□元記事に




良いではないですか!
小規模でも素敵です。

三菱車にはやっぱりラリー仕様や、砂漠や荒野を走る姿が似合います。
それにしても米国のモータースポーツの
裾野の広さには恐れ入ります、
男性も女性も本当にクルマが好きなんだなあと思い知らされます。

電動車両の大会でないのでアウトランダーPHEV
どの様な成績を残して、どの様に充電して参加するのか
興味深いですね。

アウトランダーPHEV バハ ボルタグレ500 結果

➡︎□バハボルタレグレ500でアウトランダーPHEVブービー賞



新型アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー15

➡︎□アジアクロスカントリーラリーにてアウトランダーPHEVエアコンの故障で走行不能に


アジアクロスカントリーラリー アウトランダーPHEV

➡︎◻︎2014のアジアクロスカントリーラリー完走記述
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

増岡さんはまだどこにいるかわからない三菱のラリードライバーがいつひょっこり出てくるか、どんな人柄なのか、その人たちがどんな情熱を持っているのか楽しみだろうなあ。

PHEV 2014 owner | URL | 2020-09-20(Sun)13:25 [編集]