fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

トヨタRAV4 PHVに続いて、ホンダeも受注一時停止!計画が低すぎる?

いよいよ来月に発売が迫ったホンダeです。
発売前から
価格は449万から499万に高いの声、(しかも欧州の方が割安)、との事です。




国産電気自動車EV)の新星にして、最近話題の“ホンダのかわいいやつ”こと「ホンダe」。日本仕様の発表と同時に、その価格が早くも話題を呼んでいる。おおむね世間の反応は、「見た目と違って値段はかわいくない!」だろう。
それも当然。ベースで451万円、主力と目される「アドバンス」で495万円もするのだ。
ホンダe ボディカラー

正直、実車に触れる前は、私も高いと思いましたよ……。EV市場全体を見渡すと、その思いはより強くなるだろう。「日産リーフ」なら62kWhのリチウムイオン電池を搭載する「e+」(441万1000円から499万8400円)と同等の価格だし、相手がエントリーグレードなら「BMW i3」(「エディションジョイ+」で499万円)や「テスラ・モデル3」(「スタンダードレンジ プラス」で511万円)も見えてくる。もちろん、航続距離はどれもホンダeより長い。ホンダの他のラインナップと比べても、2モーターハイブリッド「e:HEV」を搭載した「フィット」なら最上級の「e:HEVリュクス」でも約半額。オプションをモリモリに追加してもまだ安い。
ホンダフィット ebhev HVパワートレイン

そもそも国産のハイブリッド車(HV)はどれもよくできていて、走行中の多くの時間でEV感覚が味わえる。HV大国の日本で、生活になじみの薄いEVを積極的に選ぼうという気持ちにはなりづらいだろう。その点も考慮してか、製品に見る強い意気込みに反して、ホンダが掲げたこのクルマの国内販売計画は、年間1000台と非常に控えめである。

中略

とはいえ、ホンダeの価格が本当に高いのか? それを検証すべく、主戦場となる欧州の価格をチェックしてみた。
かの地では今春よりホンダeの販売が開始されているが、ドイツでの価格は16%の税金(VAT)を含め、ベースグレードが3万2996.64ユーロ(約412万5000円)、上級グレードの「アドバンス」が3万5921.01ユーロ(約450万円)。イギリスではベースグレードが2万6660ポンド、アドバンスが2万9160ポンドと一見安いが、こちらは3000ポンドの補助金を差し引いたもの。その分を加算して日本円換算すると、ベースが約415万円、アドバンスがやはり約450万円となる。ちなみに、欧州仕様と日本仕様の差はかなり限定的で、主には「ホンダセンシングの『歩行者事故低減ステアリング』とプラズマクラスターが省かれる程度」だという。
ホンダ Honda e 日本仕様

生産はすべて“メイド・イン・寄居”だ。
これらを踏まえて見ると、国ごとの価格差はあるものの、欧州市場での価格は日本よりも割安で戦略的に感じられる。この点は日本のホンダおよびEVファンの“がっかりポイント”かもしれない。現在、欧州では納車も開始されており、この7月までに605台がデリバリーされたという。ただし、7月の1カ月だけでその半数を超える365台が収められている。そのことからも分かる通り、納車が本格化するのはこれからで、今後の推移が注目される。※1ユーロ=125円、1ポンド=140円で換算
➡︎◻︎元記事に




そして、発売日を迎える1ヶ月以上前に、以下の状況になってしまった。



ホンダは10月30日に発売を開始する新型電気自動車(EV)、「Honda e(ホンダ・イー)」について、注文受け付け数が第1期の販売予定台数に達したため、注文を一時停止するとホンダ公式HP上でアナウンスしてい
➡︎□元記事に



やはり1000台の販売計画は如何にも低すぎます。
同じく年内分を1ヶ月で完売して、受注を停止している
トヨタRAV4PHVの3600台も低すぎると思いました。
そして、トヨタのボトムネックは駆動用のリチウムイオン電池
の調達だという事がわかりました。
 電動車両の後発企業にとっては、HVとは比べ物に
ならない超大容量のリチウム電池の確保が難しいのかも
しれません。ホンダにもその匂いがします。
ホンダe EVパワートレイン FR


ホンダe ボディカラー

➡︎□ホンダeの5色のボディカラー

ホンダe デザイン インテリア

➡︎□ホンダeのインテリアがかなり凄い

トヨタ RAV4PHV

➡︎□トヨタRAV4PHV 何と受注一時停止!

トヨタRAV4PHV  プラグインハイブリッドシステム

➡︎□トヨタRAV4PHV受注一時停止の理由はリチウム電池の調達不足

Suzuki across phv Toyota RAV4 phv スズキアクロス トヨタRAV4PHV

➡︎◻︎RAV4PHV売切原因の一つスズキへのOEM供給


トヨタRAV4PHV ワートレイン TNGA K 「THS II Plug in」

➡︎◻︎RAV4PHVは、「新最高基準PHEV」のポジションを三菱から奪取?


日産リチウムイオン電池撤退

➡︎◻︎クルマメーカーと電池メーカーの関係
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する