fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

アウトランダーPHEVにユビ電のCO2排出削減量記録システム搭載へ

CO2排出削減量を記録するシステムが、
アウトランダーPHEVに搭載されるらしいです。



ユビ電とA.L.I.テクノロジーズは8月25日、共同で、電気自動車EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)のCO2排出削減量を取りまとめ、ブロックチェーンに記録するシステムを構築したと発表した。
ユビ電 ALI によるCO2排出削減量を記録システム アウトランダーPHEV

同システムは、EVやPHVの対ガソリン車でのCO2排出削減量を取りまとめるIoTプラットフォームと、CO2排出削減量を記録するブロックチェーンにより構成。ユビ電はIoTプラットフォーム部分を構築し、EVやPHVの車両情報(走行距離、給電量、給油量など)と連携し、CO2排出削減量を簡単に把握できるスマートフォンアプリを2020年内に提供する予定だ。A.L.I.はブロックチェーン部分を構築、耐改ざん性を担保しつつブロック生成時に排出される演算機の消費電力を抑え、環境に配慮したハイブリッド型ブロックチェーンシステムを実現した。

このシステムは当初より三菱『アウトランダーPHEV』、『i-MiEV』をはじめテスラジャガー、ランドローバーのEV、PHEVへの対応を予定しており、順次対応車種を広げていく計画だ。また、将来的にはA.L.I.が開発中の環境価値取引プラットフォームに連携し、CO2削減量を環境価値として取引できるサービスの追加を予定している。
➡︎◻︎元記事に



これはこれで良いと思います。
日本中のアウトランダーPHEVユーザーにより
1年でCO2排出が✖︎✖︎だけ削減できました。
なんていうのがわかると楽しいですね。
最終的には、それが価値として売買できるようになる
と面白いですね。
(ちなみにTLIという会社はドローンを作ったりしている様です)

ユビ電という会社は以下の様なサービスもやっています。


集合住宅居住者が新たにEV用充電設備を設置する場合、設置費用を誰が負担するべきか合意形成が難しく、そもそも簡単に充電代を清算する仕組みがない。そこでWeChargeは、EV普及の妨げとなっているこの課題を解決するべく、WeChargeに既設のコンセントや充電器を登録した場合、EVの充電に使われた電気代費用を既設のコンセントや充電器の持ち主に支払うというサービスだ。
ユビ電 によるEV充電シェア WeChargeアプリ アウトランダーPHEV

WeChargeが8月19日時点で対応するEV、PHEVは以下の通り。
テスラ モデル 3
– モデル X
– モデル S Tesla ID
ジャガー I-PACE Jaguar InControl
– レンジローバーPHEV P400e
– レンジローバースポーツPHEV P400e
– Land Rover InControl

2020年内に三菱自動車工業のアウトランダーPHEVに対応予定。
➡︎□元記事に



この考えいいじゃあ無いですか!
これが普及したら、人のもしくは公共の
充電器を使って、使った分だけお金を
払えるわけですよね。
こういう事がコロナによるデジタルシフトで
一気に普及すると良いなと思いました。


欧州 電動車両 売筋トップ5
欧州 電動車両 売筋トップ5

➡︎□欧州は環境規制にPHEV特例措置

日産・NEC・大京による「マンションにEV充電器設置プロジェクト」

➡︎□電動車両の普及にマンション駐車場の壁

日本2030年目標 新燃費規制

➡︎□日本の新燃費規制もかなり厳しい 電動化必須?

トヨタ実証実験都市「コネクテッド・シティ」裾野市

➡︎□トヨタ コネクテッドシティ構想
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する