fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ベストカー誌の三菱新車予想は当たらないと懲りていますが(笑)転載します

特に次期アウトランダーPHEVの発売時期に関しては
何度となく騙されてきた(笑 ごめんなさい)ベストカー誌の
新車発売予想ですが、三菱に関する最新のものが
出ておりましたので紹介します。




デリカD:5のビッグマイナーチェンジをはじめ、eKクロスなどデザインアイデンティティである「ダイナミックシールド」化を推し進める三菱。
 2020年4~6月期の決算は1761億円の最終赤字と現状は厳しいながら、販売面での屋台骨となるSUVの新型アウトランダーPHEV、軽EVに新型電気SUVなど電動化技術を採用した新型車を今後続々と投入していく計画だ。
 ここでは、アウトランダーPHEV、アライアンスを組む日産アリア・IMkの「三菱仕様」、そしてエクリプスクロスPHEVなど、三菱自動車の今後の新型車について紹介!
※本稿は2020年8月のものです
文・予想CG:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号

■NEWアウトランダーPHEV(2022年4月登場予定)
三菱  次期新型アウトランダーPHEV2022

●新型は現行のパワートレーンをリファインして搭載!
パワートレーンは現行型の直4、2.4L DOHCをリファインして搭載する。S-AWCも大きく進化しそうだ。
 現行型の評価も非常に高いアウトランダーPHEVだが、来年登場予定の新型はまず、ガソリン車が先に登場してからその1年後に本命のPHEVが追加されることになる。
 パワーユニットには、現行モデルベースの前後2モーター4WDとし、直4、2.4Lをリファインして搭載する。EVとして走れる距離を現在の60kmから100kmに向上させる。


■NEW軽EV(2021年6月登場予定)

三菱 新型軽EV 日産Imk

●最新技術テンコ盛りな新型の軽EV!
三菱が培ってきたEV技術が発揮される1台。軽らしからぬパワフルな走りを披露してくれそうだ
 昨年の東京モーターショーに日産が「IMk」として小さなEVを発表したが、その三菱版となるのがこのモデルだ。
 プラットフォームは、パワートレーンとバッテリーを床下に配置するEV専用の新開発のものを採用し、モーターは最高出力こそ自主規制値の64psだが、最大トルクは15.0kgmを大きく超えてくる可能性が高いという。
 また、運転支援技術には昨年スカイラインがマイチェンした際にハイブリッドモデルに搭載した「プロパイロット2.0」相当が採用されるという。


■NEW電気SUV(2021年12月登場予定)
三菱 新型EV 日産アリア 日産IMQ転用

●アリアとはひと味違う!!? 三菱製ピュアEV
流麗なルーフラインの新型電気SUV。フロントマスクにはもちろんダイナミックシールド
 7月15日に公開された日産のピュアEVであるアリア。その三菱仕様となるのがこの電気SUVだ。来年中盤登場予定のアリアに対し、少し遅れて来年末以降の登場となる予定だ。
 バッテリーはアリア同様、65‌kWh仕様と90‌kWh仕様の2種類が設定され、駆動方式は2WDと4WDが設定されるのも一緒。90‌kWhの4WDモデルは最高出力394ps、最大トルク61.2kgmを発揮し、航続距離は430~610kmほどというから日常的な使い勝手はいいはずだ。
 スタイルはアリアと同じくクーペスタイルのクロスオーバーSUVとなるが、三菱のダイナミックシールドが取り入れられることになる。2006年に発売されたi-MiEVでこれまで蓄積してきたEVのノウハウが生かされた1台になることは間違いないだろう。


■エクリプスクロスにPHEV追加!
エクリプスクロスPHEV スクープ

 三菱のクロスオーバーSUVラインナップのなかではスタイリッシュなスタイルを特徴とするクーペSUVのエクリプスクロスだが、デビュー当初は直4、1.5Lターボのみだった。
 昨年6月、デリカD:5に搭載される直4、2.2Lクリーンディーゼルが追加設定されたのはご存じのとおり。
 で、7月27日に開催された三菱のオンライン会見での資料で今年秋、エクリプスクロスにPHEVが追加されることが明らかになった。期待大!

ガソリンターボ、クリーンディーゼルに続く第3のパワートレーンとして今秋PHEVを追加する

➡︎◻︎元記事へ



基本的に三菱が7月に実施した決算発表事に公開した
中期計画に基づいた情報になっていますが、
気になるのは次期アウトランダーPHEVのパワートレインに関して
ベストカー誌は、EV航続距離は100kmと修正したものの、
依然としてツインモーターのままにしているという事です。
(期待は前1後2のトリプルモーターです)

軽EVは、日産Imk と共に、三菱水島工場で生産する事が決定しています。

新型EVに関しては、中国広州汽車との共同開発と決算時公表していたものでしょうか?
それとも日産アリアの転用か?、はたまた日産にはIMQという別のEV計画も
あると聞いています。(ベストカー誌の発売時期は日産IMQと同時)

そしてエクリプスクロスPHEVに関しては今秋としているが、
これに関しては、ベストカー誌自体が21年説も出しているので
果たしてどっちが正しいのかわからない状況です。
そろそろ「秋」ですが真実は如何に。


三菱決算報告 中期計画2020新車発売予定次期アウトランダーPHEV2022

➡︎■三菱次期アウトランダー ガス2021年PHEV 22年の2段階発売

三菱eK EVを岡山 三菱製作所で生産

➡︎■三菱水島工場にEV用投資決定

エクリプスクロスPHEV スクープ

➡︎■三菱エクリプスクロスPHEVについて、現行エクリプスクロス11月終売?

日産新型IMQ EV

➡︎■ベストカー誌の日産新車発売予想
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Re: 情報感謝

情報ありがとうございます。
実際の発売がいつになるか要注目ですね!

gieron | URL | 2020-09-17(Thu)14:08 [編集]


10月下旬発表らしいです

| URL | 2020-09-16(Wed)00:30 [編集]