fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ランドローバー「ディフェンダー」にPHEVモデル「P400e」2021年発売これも乗換検討車?

昨今は電動車両乗りには嬉しい時代になりました。
随分色々なクルマにPHEVパワートレインが
設定される様になりました。
このローバーディフェンダーもその一つです。




日本でもファースト エディションが即完売するなど、大人気のランドローバー「ディフェンダー」だが、2021年モデルには先進の新型プラグインハイブリッド(PHEV)モデル「P400e」があらたにラインナップされることが判明した。
ランドローバー「ディフェンダー」PHEV「P400e」

 P400eは「110」ボディを採用し、パフォーマンスと経済性に優れた、ランドローバーの電動化モデルのなかでもっとも高性能で耐久性に優れたモデルとなる。

 フルサイズのプラグインハイブリッド電動4×4として他に類を見ないオフロード性能を備えたP400eは、純粋にEVモードだけで走行することも可能だ。
ランドローバー「ディフェンダー」PHEV「P400e」

 パワートレインは、最高出力300psを発生する2リッター4気筒ガソリンエンジンと、19.2kWhのバッテリーを搭載した105kW(143ps)の電気モーターの組み合わせとなり、システム最高出力404psを発揮する。洗練されたパフォーマンスとレスポンスを実現しており、EVモードのみでの航続距離は27マイル(約43km)に達する。
ランドローバー「ディフェンダー」PHEV「P400e」

 CO2排出量は74g/kmと少なく、燃費はWLTPで最高36.3km/Lを達成(5シートの場合)。それでいて0-100km/h加速は5.6秒、最高速度は209km/hに達している
➡︎□元記事に




このクルマ、個人的にかなりカッコいいと思います。
外観はパジェロ系のヘビーデューティアウトドア系RVですが、
よく見るとヘッドライトやサイドの処理、そして何と言っても
リアコンビネーションライトの配置が非常に個性的で素敵です。

ランドローバー「ディフェンダー」PHEV「P400e」
このヘッドライト良いですね

ランドローバー「ディフェンダー」PHEV「P400e」
サイドは水平を強調したシンプルな印象

ランドローバー「ディフェンダー」PHEV「P400e」
そして印象的なリアライト

ランドローバー「ディフェンダー」PHEV「P400e」
これが4WDのPHEVなので魅力的です。
通常のガソリンモデルが500万円からなので、
PHEVになるとかなりの価格になってしまうかも
しれませんが、それでもRAV4PHVもアウトランダーPHEV
も実質500万円台にもなるクルマですから、
ギリギリ検討対象になるかもしれません。



ランドローバー 「レンジローバー イヴォークPHEV」

➡︎□レンジローバーイヴォークPHEVについて

JEEP レネゲート コンパスPHEV

➡︎□JEEPレネゲートPHEVについて


横浜SUVフェア2019

➡︎□横浜SUVフェアで見た、ジャガーとローバー


BMW iX3 EV パワートレイン

➡︎□BMWとジャガーローバーEV共同開発
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する