fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

他の業界に当てはめても興味深い「何故、中国新興EV車はテスラに勝てないのか?」

中国の世界経済におけるポジションの向上は、
コロナ後も明確なものになりつつあります。
EV業界においては、中国国産新興企業によるEV車の
乱立が起きました。
しかしその中で後から入ってきたテスラが先行企業を
全て追い抜いて一位に躍り出ています。



EV電気自動車)メーカー大手テスラの「モデル3」は今年上半期、中国国内で4万5000台を販売した。そのうち6月単月の販売台数は1万4954台で、新エネルギー乗用車の販売台数ランキング1位となった。これは中国EV市場の販売総数の23%を占める。
「理想汽車(Li Auto)」の創業者・李想氏は、テスラの販売データに対して「航続距離、インテリジェント化、コストパフォーマンスの面で中国EVメーカーはテスラを追い越した。にもかかわらず販売台数では遠く及ばない」と語った。
中国新興EV企業 電気自動車
(あまたの中国新興EVブランドのロゴ)

2014年4月、テスラのイーロン・マスクCEOが初めて中国を訪れ、中国で初めて「モデルS」のオーナーとなった8人に鍵を手渡した。この最初のオーナー8人は社会的に成功している人たちで、多くが企業の管理職であり、その中には当時中古車情報プラットフォーム「汽車之家(Autohome)」の総裁で、後に理想汽車を設立した前出の李想氏も含まれていた。
中国新興EV企業 電気自動車 小鵬汽車p7
(小鵬汽車p7)

テスラの進出をきっかけに中国国内には新興EVメーカーが次々と現れた。2014年半ばにはモバイルブラウザを手がける「UCWeb(優視科技)」の創業者の何小鵬氏が「小鵬汽車(Xpeng Motors)」を設立した。同年11月には自動車総合情報サイト「易車網(bitauto)」董事長の李斌氏が「NIO(蔚来汽車)」を、2015年7月には李想氏が理想汽車の前身となる「車和家(CHJ Automotive)」を設立した。
中国国内の名だたる企業家によって設立された新興EVメーカーは、例外なく「中国版テスラ」になることを目指してきた。これらの企業は6年あまりの見習い期間を経て、ようやく一人前になろうとしている。

中略(EV航続距離等で機能的には中国新興EVはテスラを超えるものも現れた)
中国新興EV企業 電気自動車 理想汽車one
(理想汽車one)

あるテスラの営業担当は、モデル3が絶えず価格を下げていることが、多くの消費者をひきつける大きな要因の1つだと語った。モデル3の航続距離は445kmだが、短~中距離移動には十分だ。また長距離移動の際には、テスラのスーパーチャージャーステーションを利用することで問題をある程度解決できる。
これまでにテスラのスーパーチャージャーの設置数は中国国内で2300カ所を突破し、140あまりの都市を網羅している。2020年にはさらに4000カ所以上のスーパーチャージャーが設置される予定だ。
テスラが長期に渡って蓄積してきたブランドイメージに、マスクCEO自身の知名度も加わり、テスラが消費者をひきつける大きな要因となっている。

テスラモデル3日本予約開始

複数のテスラオーナーによると、テスラを購入する大きな理由は、テスラの技術的な優位性とブランドの影響力を信じているからだという。
「中国のEVメーカーは設立してからの時間が短く、技術的に未熟だ。テスラはブランドとしての認知度が高く、運転していても顔が立つ」と別のテスラオーナーは語る。またテスラオーナーの中には、熱狂的なマスク氏の信者で同氏をスターとして崇拝する人もおり、そのためにテスラを購入するオーナーもいるという。

テスラは販売台数で他ブランドをはるかにリードしている。それは主として技術力とブランド力によるものだ。今後、テスラの中国生産が進むにつれ、中国メーカーはさらに大きな打撃を受けるだろう。また、中国の新興EVメーカーがブランドを確立するにはまだ時間がかかる。しかし、新興EVメーカーの認知度が高まれば、いつの日かテスラの「覇者」の地位を脅かす日も来るかもしれない。(翻訳・普洱)


➡︎◻︎元記事に



この話は、中国市場で商売をされる企業や、
中国国産のブランドと対抗する日本企業の方には
大変参考になる話では無いでしょうか。
中国人攻略には「スペックだけでなく、ブランドイメージが重要である」
という事を示唆しています。
それは、信頼や安心だけでなく、先進性や企業リーダーの
個性やイメージも影響している様です。
大変参考になるお話です。

日本企業も頑張りましょう!



シトロエンEV 中国C6 DS9

➡︎□シトロエンは中国人向きにEVの顔を変更


中国のイメージ 日本から見た


➡︎□国潮トレンドはEVには来なかった?



テスラ上海工場が稼働

➡︎□メイドインチャイナ テスラモデル3


中国 深セン深圳に行った EVタクシー、EVバス BYD社製

➡︎□中国深圳に行って驚いた!本当にEVばっかりだった
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する