fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

生産台数6割弱の減少でも大丈夫か? 20年度上半期の三菱

メーカーはモノを作って売ってなんぼですが、
三菱の上半期世界生産はコロナの影響で6掛けとのこと、、




三菱自動車は10月29日、2020年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。総生産台数は前年同期比58.3%減の27万6638台で、2年連続のマイナスとなった。
三菱自動車 レムチャバン工場

国内生産は同58.6%減の12万4423台と2年連続のマイナス。海外生産も同58.0%減の15万2215台と4年ぶりに前年同期実績を下回った。

国内販売は同48.0%減の2万7061台で4年ぶりのマイナスとなった。登録車は同59.5%減の9454台、軽自動車は同38.7%減の1万7607台。含軽市場のシェアは2.2%で、前年同期と比べて0.7ポイントアップした。

輸出は同73.3%減の4万6733台で2年連続のマイナス。アジア、北米、欧州向け、全エリアで減少した。
三菱 水島工場




➡□元記事に




工場には、人員や電力、管理費の様なモノを作らなくてもかかる基本的なコストが
固定費としてかかります。生産が減ると、材料の様な変動費は下がりますが、
固定費は一定なので急速に収益率は下がります。
一方で操業率が上がれば上がる程収益率は良くなる計算です。

コロナは製造業の体力差を露骨に浮き彫りにします。
幸い三菱は、手持ち現金が多く運転資金には困らない会社だと
思いますが、加藤CEOが進める構造改革を行わないと、次のクルマを作る
お金が生まれてきません。

選択と集中で、良いクルマを作り、又工場の操業率が上がることを願います。

大規模太陽光発電設備などを三菱自動車岡崎製作所

→■三菱岡崎製作所の国内最大級発電施設

三菱エクスパンダー輸出開始 インドネシア
三菱インドネシア工場

→■エクスパンダーのヒットで大増産体制をとったインドネシアプカシ工場は?

Discovery CHANNELの番組「メガ建造 テスラ・ファクトリー」

➡︎◻︎規模が凄い、米国テスラのギガファクトリー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する