fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

そう来たか!米ボーリンガー社(Bollinger)の電動SUV 『B1』と『B2』が凄い!




米ニューヨークに拠点を置くボーリンガー社(Bollinger)が新型の電動SUVと電動ピックアップトラックを発表しました。直線基調の非常にシンプルな造形が特徴的で、クラシックな雰囲気も漂う独特のスタイリングとなっています。

bollinger b1 b2 EVトラック 

デザインはシンプルですが、価格は12万5,000ドル(1,305万円)からとなっています。ジープやランドローバーのクローンのようにも見えるクラシカルなモデルですが、内部には最新の電動パワートレインを搭載しています。ルーフにガラスパネルを備えたバージョンは、これまであまり見たことがないルックスです。
bollinger b1 b2 EVトラック 

SUVの『B1』は、614馬力と907Nmのトルクを生産するデュアルモーターを搭載。最高速度は電子リミッターで160kmに制限されていますが、0-97km/h加速は4.5秒。2速トランスミッションを装備し、最低地上高380mmを確保するなどオフロード性能を意識したモデルとなっています。

bollinger b1 b2 EVトラック 

ピックアップの『B2』も、基本的には同じ仕様となっています。両モデルともに3,400kgの牽引能力を持ち、最大積載量は2,360kg。フロントからリアまで貫通する「パススルー」機構が採用されており、材木などの長尺物も積載しやすい構造となっています。この機構は米国で特許を取得しています。
bollinger b1 b2 EVトラック 

バッテリーは142kWhと巨大なユニットが採用されていますが、1回の充電でどのくらいの距離を走行できるのか、また充電速度については現時点では明かされていません。生産台数も限られたものとなるでしょう。
➡︎□元記事に



昨今ではEVトラック、シンプルで角ばったクラシックな
デザインのクルマ、、、ここまでは想像できます。

但し時々アメリカ人とんでもない発想をしてきます。
EVはフロントにもリアにもエンジンを積まなくて良い
という長所をいいことに。
何とトラックの荷台からボンネットまで、グリル部を
開放して上の写真のように長い木材などがクルマを
貫通して運べる様な仕様にしています!
正に「WOW!」です。笑

木材の他に釣り竿とか?パラセイリング等マリンスポーツ用具とか?、、
ある意味EVの可能性を広げる新発想です。


その他米国からは電動トラックが続々登場予定

GMC hammer EV ハマーEV

➡︎□GM電動ハマー登場


米リビアン社 『R1T』リヴィアン

➡︎◻︎GMが買い損ねた米「リヴィアン」社の電動トラック

テスラ「サイバートラック」電動ピックアップトラック

➡︎◻︎テスラのサイバートラックのデザインが凄い!!

ニコラ バジャー EVトラック

➡︎□米国ニコラの「バジャー」

米カヌー Canoo配送業務バンタイプのEV「MPDV」


➡︎□角ばったミニバンEV商用車はCanooカヌー社から
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する