fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

中国版テスラ?NIO(ニーオ)新型EVセダン『ET7』 初公開

中国企業のモノづくり恐るべしです。
NIO(ニーオ)の作ったEVは、もはやグローバルレベル
と言って間違いないと言えるスペックです。
(唯一デザインが、かなりテスラっぽいのを除いては)




中国EVメーカーのNIO(ニーオ)は1月9日、中国で開催した「NIO Day 2021」において、新型EVセダンの『ET7』 を初公開した。
NIOは、上海市に本拠を置く新興EVメーカーだ。中国のIT巨大企業であるテンセントが出資しており、「中国テスラ」と称されることもある。
2017年5月には、EVスーパーカーNIO『EP9』がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいてタイムアタックを行い、ランボルギーニ『ウラカン』の高性能モデル「ペルフォマンテ」の6分52秒01を上回る、6分45秒900で駆け抜けた。

中国版テスラ?NIO(ニーオ)新型EVセダン『ET7』

NIOは1月9日、NIO Day 2021において、新型EVセダンのET7を初公開した。ET7は、ニーオのフラッグシップセダンになる。
ボディサイズは、全長5098mm、全幅1987mm、全高1505mm、ホイールベース3060mm。フロントには、デュアルビームLEDヘッドライトと、ダブルダッシュデイタイムランニングライトが装備された。リアには、ボディ幅いっぱいに光るテールライトを採用していう。

中国版テスラ?NIO(ニーオ)新型EVセダン『ET7』

インテリアは、第2のリビングルームがコンセプトだ。洗練されて居心地の良い移動リビングスペースを提案する。フレームレスウィンドウとソフトクローズドアを標準装備した。環境に配慮した素材「Karuun」を、市販車として初めて採用する。フロントとリアのヒーター付きベンチレーテッドシートには、マッサージ機能も装備された。

NIOの第2世代デジタルコックピットも導入する。クアルコムの第3世代自動車向けコックピットプラットフォーム「Snapdragon」を搭載し、モバイル接続や通信機能を強化している。新開発の12.8インチ「AMOLED」センターディスプレイは、解像度とコントラストを追求した。世界初の車載AIシステムの「NOMI」の最新版も採用する。23個のスピーカーと100Wの合計出力を備えた「7.1.4イマーシブサウンドシステム」は、全車に標準装備されている。

中国版テスラ?NIO(ニーオ)新型EVセダン『ET7』

フロントに最大出力245hpのモーター、リアに最大出力408hpのモーターを搭載する。システム全体で、最大出力652hpで、最大トルク86.6kgmを引き出す。強力なEVパワートレインの効果で、 ET7は0~100km/h加速3.9秒の性能を発揮する。
100km/hからの制動距離は33.5m。抗力係数0.23のエアロダイナミクス性能と炭化ケイ素パワーモジュールを備えた第2世代の高効率パワートレインにより、車両のエネルギー効率を追求している。
ベースグレードには、蓄電容量70kWhのバッテリーを搭載する。1回の充電での航続は、500km以上(NEDC:新欧州サイクル)とした。蓄電容量100kWhバッテリー搭載車の場合、航続は700km以上。150kWhバッテリーと組み合わせると、ET7の航続は1000km以上に到達する。
中国版テスラ?NIO(ニーオ)新型EVセダン『ET7』

➡︎□元記事に


これは現在考えられるEVの技術てんこ盛り、
数値的にもこれでもか!という習近平調(笑)クルマです。
しかも


8メガピクセルの高解像度カメラ11台、超長距離高解像度LiDAR 1基、ミリ波レーダー5基、超音波センサー12基、高精度測位ユニット2基、「V2X」を含む33台の高性能センシングユニットを備えている


と言いますから凄いです。
きっと超高額とは推定されますが、
そういうクルマを買えるお金持ちが居るのも
今の中国富裕層の実情です。
唯一ニーオに足りないのはテスラの様なブランド力です。
ここの会社の後ろにはテンセント(最大のSNS WeChat(微信)を持つ)
が控えているので資金もシステム連携も潤沢です。

コロナも一番抑え込んでいますし、
しばらく中国天下が続きそうな国際事情と電動車両業界です。

中国新興EV企業 電気自動車

➡︎□中国企業はテスラに勝てないのか?」


中国のイメージ 日本から見た


➡︎□国潮トレンドはEVには来なかった?



テスラ上海工場が稼働

➡︎□メイドインチャイナ テスラモデル3


中国 深セン深圳に行った EVタクシー、EVバス BYD社製

➡︎□中国深圳に行って驚いた!本当にEVばっかりだった
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する