fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

30年ぶり日経平均3万円目前という中で、三菱自株が急騰!

新型コロナで世界経済は未曾有のダメージを
受けているというのに
株式市場は活況というのですから、
不思議なものです。





日経平均株価は2月に大幅高となり、30年半ぶりの3万円台を目前にしている。海外投資家の積極的な日本株買いがけん引する一方で、国内の機関投資家の利益確定売りが乏しいことが株高を招きやすくなっている。足元で上昇が目立つ自動車株など景気に連動しやすい割安株について、国内の機関投資家はリスク回避で持ち高をそもそも落としているうえ、先高観の強さから持ち高をこれ以上減らしにくくなっているためだ。
三菱自工 株価

10日午前の東京株式市場で日経平均は4日ぶりの反落で始まったが、上昇に転じる展開となった。2月に入り約1800円上昇する過熱感の中でも、利益確定売りの勢いは乏しい。相場をけん引するのが一時前日比7%高となる三菱自動車株だ。2日に21年3月期の最終損益の上方修正の見通しを発表してから、株価は2割強高とするが、さらに上値を追っている。

「国内の機関投資家は足元の上昇局面で買い遅れて十分に持ち高を増やせていないが、利益確定売りも乏しい。海外勢の買いに対して売り手不在となっていることが、株高を招きやすくなっているのでは」とある国内大手証券会社のトレーダーは話す。

足元の株高をけん引するのは自動車株などの景気に左右されやすい割安株だ。2月にマツダは2割強高、ホンダは1割強高となった。海外勢はこれらの個別銘柄に空売りを仕掛けていたが、急いでショートカバー(空売りの買い戻し)に転じて急騰した。「米追加財政対策の前進や、日本企業の決算での業績上方修正の連続、世界的な新型コロナウイルスの感染者数のピークアウトなど、これでもかという好材料が連続し、海外投資家は世界的な景気回復を確信した」とクレディ・スイス証券の石川真理子株式営業部長は話す。

ただそもそもこうした自動車株は「今期の大幅な最終赤字見通しも嫌気した国内の機関投資家からは、長らく不人気だった。株価が急騰しても利益確定売りができるほどの持ち高がないため店内の売り注文も乏しい。さらに国内勢はコロナ下で想定外の株高が続いた教訓から、一段高をにらんで虎の子を簡単に手放せないという気持ちも強い。結果として海外勢の買い注文で株価が上昇しやすくなっている」とある外資系証券のトレーダーは話す。
➡︎□元記事に




という事らしいです。
素人には日本の自動車株は割安だったという事は
わかりますが、なぜここまで株高になるのかは、
今ひとつしっくりきません。
三菱自工 株価
ちなみに10年スパンの三菱自工株は、こんなに下がっています。
2013年に2000円をつけて直近は10分の1。
そう考えると昨年来最高値で喜んでいてはいけないのかも
しれません。

一説にはアップルの提携先と目されて買われているという
噂も。
株価が高いことは企業にとっては良い事ですが、果たして、、。

三菱自動車株価推移


➡︎□三菱自工株 上場来最安値 2020年3月


三菱グループ その序列

➡︎□三菱グループ暗黙のヒエラルキー

アップルカーの製造は、韓国ヒュンダイ傘下の「KIA(起亜)」にWBS

➡︎□アップルの提携先は日本企業かも?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する