'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ちょっとEVっぽい?グリル同色になった「ホンダ新型ヴェゼル」

三菱アウトランダーと共に、フルモデルチェンジで
世間を騒がせている国産SUVがもう一台あります。
そうです、ホンダ新型ヴェゼルです。
今日はこのクルマに触れたいと思います。



ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルが2021年2月18日に世界初公開されました。 
ホンダ 新型ヴェゼル 8年ぶりフルモデルチェンジ

 2013年12月に登場した初代ヴェゼルは、クーペテイストを取り入れた都会的なSUVとして人気を博し、2014年、2015年、2016年、2019年と4度のSUVナンバー1を獲得しています。 
 約8年ぶりの登場となる新型ヴェゼルですが、従来モデルと比べてどのようなところが進化しているのでしょうか。
 新型ヴェゼルの外観は、よりクーペスタイルを強調した流麗なフォルムへと変更されるとともに、上質感がアップしました。
ホンダ 新型ヴェゼル 8年ぶりフルモデルチェンジ

 従来モデルのボンネットはふくらみを持たせた形状でしたが、新型は前へ突き出した立体感のあるノーズに刷新。
 フロントフェイスはシャープなデザインのヘッドライトと、ボディ同色の個性的なルーバーグリルを採用することで、精悍さと力強さを兼ね備えたデザインへと生まれ変わりました。
 なお、新型ヴェゼルのウインカーは、光が流れるように光るシーケンシャルターンシグナルランプ(フロント)となります。 リアのデザインも大きく変更され、とくに横一文字に光るリアコンビネーションランプが洗練された印象を与えています。
ホンダ 新型ヴェゼル 8年ぶりフルモデルチェンジ

 また、サイドの伸びやかなスタイルが新型ヴェゼルの特徴ともいえますが、Cピラーに内蔵されたドアノブは従来モデルから引き続き採用されました。
 中略
※ ※ ※
ホンダ 新型ヴェゼル 8年ぶりフルモデルチェンジ

 ほかにも新型ヴェゼルで新搭載される機能として、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付き)」や「新設計のエアコン吹き出し口」、「ヒルディセントコントロール」、「静電タッチ式 LEDルームランプ」、「独自開発のプレミアムサウンドシステム」などが装備されました。
➡︎□元記事に



思い返すと小生がアウトランダーPHEV初期型を購入した2013年の秋に
初代ホンダヴェゼルが発売されたんでしたね。
その年の東京モーターショーで初めて見た時には、SUVとして当時最先端の
洗練されたスタイリングに驚いたのを思い出します。
その後各社からSUVが続々追随しヴェゼルのポジションを奪っていった
経緯を経ての今回のフルモデルチェンジです。
巷では、「顔がマツダっぽい」とか「リアがハリアー似」
とか賛否両論の様ですが、個人的には同色グリルが思い切ったと思います。
北京で公開の「ホンダSUVe;concept 」が、EVなので
エンジンを冷やす必要が無いのでグリルを潰したボディ同色顔
になっていましたが、この辺を連想させます。
代表色の「サンドカーキ」は良い色だと思います。
これにツートンカラーのブラックルーフがよく似合います。
一時首位となったトヨタCRーHが大失速、変わってRAV4が売れている様ですが、
大激戦のSUV市場でかつての様に再びトップ支持されるか?
注目しましょう。


北京モーターショー ホンダ「Honda SUV e:concept」

➡︎□ホンダが中国で公開したEV「Honda SUV e:concept」

ホンダ ヴェゼル次期型
ホンダ ヴェゼル次期型

➡︎□ホンダヴェゼル2021年モデルチェンジ予想図(かなりハズレ)

ホンダ ヴェゼル RS

➡︎□ヴェゼルの追加グレードRS発売過去記述

ヴェゼル


➡︎□ホンダヴェゼルを初めて見た東京モーターショー2013
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する