fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

EV電池安定確保へ、官民30社がタッグ…中国に対抗

読売新聞のスクープ(独自取材)として
以下が報道されました。





【独自】EV電池安定確保へ、官民30社がタッグ…中国に対抗

一般社団法人「電池サプライチェーン協議会」EV用電池で官民タッグ

 電気自動車(EV)などに使う車載用電池を安定的に生産・供給するため、官民を挙げた取り組みが始まる。国内の関連企業約30社が新たな協議会を設置し、経済産業省と連携して戦略を練る。電池分野で中国の存在感が高まる中、国際的な競争力を強化する狙いがある。




 4月にも一般社団法人「電池サプライチェーン協議会」を設立する。電池製造大手GSユアサや、トヨタ自動車とパナソニックの合弁会社「プライムプラネットエナジー&ソリューションズ」、原材料を供給する住友金属鉱山など、幅広い関連企業が参加する。

 車載用電池はEV生産コストの約3割を占める基幹部品。協議会では、ニッケルやリチウムといった原材料の調達、電池の生産・供給を効率よく進めるため、協力体制を検討する。経産省と連携し、リチウムなどの希少金属の精錬やリサイクルのルール作りも目指す。

 背景には、車載用電池のシェア(市場占有率)で首位に立つ中国の存在がある。かつて日本勢が先行していたが、2019年時点では中国が4割を占め、首位に立っている。中国は希少金属を多く保有しており、リチウムの加工方法の国際標準化も目指している。

 世界的な「脱炭素」の流れを受け、自動車大手は相次いで電動車の投入計画を発表している。車載用電池の需要も急速に伸びると見込まれる。日本企業は連携して希少金属などの原材料を安定的に調達し、電池の生産拡大につなげる
➡□元記事に



これはパッと見て、かなり本気の団体と思います。
何故ならば、日本のEV用電池メーカー、サプライヤー関連会社が殆ど参加しているからです。
三菱用を供給している「GSユアサ」も入っています。

何とか原材料から完成まで席巻している中国
チームジャパンで一矢むくい報いたいところです。


GM vs TESLA バッテリー対決

➡︎□北米ではテスラGMによるバッテリー調達対立

中国BYD ブレード リチウムイオン電池

➡︎□中国BYD開発のブレイド型リチウムイオン電池が凄い?

2018世界EV販売・車載用電池ランキング付き

➡︎◻︎世界車載用電池ランキング2018

コバルト Co リチウムイオン電池

➡︎◻︎テスラは中国CATLとコバルトフリー電池模索

吉野彰 ノーベル賞

➡︎◻︎祝ノーベル化学賞 吉野彰氏


リチウムイオン電池の構造

➡︎◻︎リチウムイオン電池の構造と材料


全固体電池とは?

➡︎◻︎リチウムイオン電池の限界と全固体電池

全固体電池プロジェクト NEDO

➡︎□オールジャパン全固体電池開発プロジェクト

トヨタRAV4PHV ワートレイン TNGA K 「THS II Plug in」
➡︎□トヨタRAV4PHVの受注停止はリチウムイオン電池の調達不足が原因

リチウムイオン電池 クルマメーカー供給相関図

➡︎□2016年度版世界のEVリチウムイオン電池供給相関図
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する