fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

米新興EVメーカー「カヌー」2023年発売ピックアップトラックを公開

小生が注目している新興EVメーカーの一つに米カヌー社があります。
今日はそこから出るピックアップトラックEVの話題。




【シリコンバレー=白石武志】米新興電気自動車EV)メーカーのカヌーは11日、2023年の発売を目指す電動ピックアップトラックを初公開した。ピックアップは米国で人気の高い車種の一つで、長らく米ビッグスリーの牙城だった。電動化を機に米テスラなどの新興勢が相次ぎ参入を表明している。

カヌーは米自動車ジャーナリストの団体などが11日にオンラインで開いたイベントで新型車を披露した。車両の前方に折り畳み式の作業台や収納スペース、電源を備えるなど機能性を重視する。アウトドア好きの個人だけでなく、工事用車両など商用車としての需要も見込む。
Canoo pickup truck カヌーEV ピックアップトラック

21年の4~6月に受注を開始し、早ければ23年に納車を始める。価格は明らかにしていない。カヌーは車両の設計開発に特化し、生産は外部企業に委託する方針で、現在は米国内で工場の立地先を検討中という。
Canoo pickup truck カヌーEV ピックアップトラック

カヌーは米新興EVメーカーであるファラデー・フューチャーの幹部が独立して2017年に設立した企業が母体で、現在の従業員数は約350人。カリフォルニア州ロサンゼルス市郊外に本社を置く。20年12月に特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じて米ナスダック市場に上場した。
Canoo pickup truck カヌーEV ピックアップトラック

ピックアップ型EVの発表を受け、11日の米国市場でカヌー株は前日比14%高で取引を終えた。まだ車両の量産実績はないものの、成長への期待から11日終値ベースの時価総額は34億5700万㌦(約3750億円)となっている。

テスラは19年に「サイバートラック」と名付けたピックアップ型EVを発表して予約を始めており、早ければ21年中に納車を始める見通し。米アマゾン・ドット・コムなどが出資する米新興EVメーカーのリヴィアンも21年中に「R1T」と呼ぶピックアップ型の車種を発売すると表明している。

➡︎□元記事に




これはカヌー社が既に予約開始した配送用EV「MPDV」の後部を
ピックアップトラックに改造した派生車と思い受けしました。
それでもフロント、サイドのストレージギミックや、トラックの売りである
後部荷台がプルオープンしてベッド部がスライドしてエクステンションする
仕掛けなど大変良く出来ていそうです。
日本でもこういうクルマをどこかが作って欲しいものです。

さてカヌー社は韓国現代とEVを共同開発する提携を結んでいます。
アップルカーの製造先として現代グループの噂が上がりましたが破談した
要因にもしかしたら同じ米国カヌー社との関係があったのかもしれません。
あくまで推測です。



米カヌー Canoo配送業務バンタイプのEV「MPDV」

➡︎□米カヌー社、配送用EV「MPDV」予約開始


Hyundai canoo 現代自動車 カヌー提携EV

➡︎□米カヌーと韓国現代自動車がEV共同開発

EVサブスクリプション canoo カヌー

➡︎◻︎サブスク専用EVを作る米スタートアップ企業カヌー記事

ランドローバー プロジェクトベクター

➡︎□ジャガーのプロジェクトベクター

トヨタ e-Palette(イーパレット)

➡︎◻︎トヨタの自動運転モビリティ「e-パレット」



シトロエン AMI ONE アミワン

➡︎◻︎パリ五輪ではシトロエン?のシティコミューター

メルセデス ビジョン アーバネティック

➡︎◻︎メルセデスの変身EV

ホンダ コンセプトEV「NeuV」

➡︎◻︎ホンダの「NeuV」


ヒュンダイ 45 EV

➡︎◻︎ヒュンダイ45 EVコンセプト




kpop ITZY KIAmorters soul イッジ

➡︎◻︎現代グループKIAとTWICEの妹ITZYのコラボ


ブレードランナー2049 クルマ スピナー プジョー


➡︎◻︎ブレードランナー2049の空飛ぶパトカー(スピナー)はプジョー製の設定
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する