fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです

日産、低価格EV電池 コバルト使わず20年代半ば実用化

日経本紙に日産の軽EV向けリチウムイオン電池回発に関して
のニュースが出ましたので紹介します。



日産自動車は電気自動車EV)向け電池で、コバルトを使わない低価格品を2020年代半ばにも実用化する。1回の充電で走れる距離を縮めることなくコストを下げる。コバルトはレアメタル(希少金属)で供給量が限られ、需要拡大で奪い合いになる懸念もある。米テスラなどとの開発競争が熱を帯びてきた。
日産新型軽EV Imk

EVはコストの3割を電池が占め、電池の中では正極と呼ぶ部材が約2割に当たる。コバルトはこの正極に使い、安全性を高めたり製品寿命を伸ばしたりする役割がある。

正極には従来、コバルトを約2割使ってきた。日産は21年に発売する新型EV「アリア」で1割程度にする。今後はマンガンなど他の素材の構成比を増やすほか、負極と呼ぶ部材も改良し、コバルトをなくす。理論的には実現のめどが立っているという。他の改良と合わせ、電池のコストを現在の1キロワット時当たり150ドル(約1万6500円)から、30年前後に100ドル以下にする計画だ。
コバルトフリー リチウムイオン電池

コバルトを使わない車載電池には、正極にリン酸鉄リチウムというまったく別の材料を使う電池(LFP)もある。中国などで実用化しているが、1回の充電で走れる距離が短い弱点がある。

米テスラも日産と同様にコバルトフリーを目指しており、現在の正極に使う構成比は数%まで低下しているとみられる。パナソニックも既に5%以下に引き下げており、今後数年でゼロにする計画を掲げている。

コバルトの産出はアフリカのコンゴ民主共和国など一部地域に集中している。コンゴは政情不安に加え、採掘に児童労働を使う現場もあるといった人権面での課題も指摘されている。

各国・地域は相次いで脱炭素を強化する方針を打ち出しており、走行時に温暖化ガスを排出しないEVの普及は有力手段の一つとみられている。コバルト需要は拡大が確実視され国際相場は急騰している。2020年は1ポンド15ドル前後で推移していたが21 年3月上旬の価格は25ドル台。年初に比べ約6割高い水準だ。

日産は世界初の量産型EV「リーフ」を10年に投入し、初期のEV市場をリードした。現在は日産総合研究所などで次世代電池の研究開発を進めている。コバルトを使わない電池の量産に向けて電池メーカーと検討を始めており、安全面や耐久性での最終的な検証を進める。
➡︎□元記事に



コバルトフリー電池に関しては
テスラ向けにPanasonicも先行で取り組んでおり
これも日経の記事を紹介しておきます。



パナソニックの電池技術・製造部門のトップ、渡辺庄一郎氏は12日(米国時間)、世界最大のデジタル技術見本市「CES」のオンラインセミナーで、「当社は米電気自動車(EV)大手のテスラ向けに30億個の電池を出荷した」と強調した。パナソニックがCESで車載電池に力点を置くのは珍しい光景だ。車載電池を巡ってはテスラが内製化に乗り出し、中韓メーカーも台頭する。収益が改善し自信を深める一方で不安もつきない。
コバルトフリー リチウムイオン電池 パナソニック

渡辺氏が登壇したのは「EV電池の未来」をテーマにしたパネルディスカッション。パナソニック製電池の優秀さについて、「当社の電池のエネルギー密度は世界最高水準」と説明。さらにレアメタルのコバルトを使わない大容量電池を2~3年後に投入すると説明し、「実現すれば電池ビジネスのリーディングカンパニーになれる」と強調した。コバルトなしで大容量と安全性を両立するのは難しいとされる。


パナソニックはリチウムイオン電池の中核部材、正極材の独自技術を生かした大容量の電池を得意とする。競合の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)や韓国・LG化学も性能向上に取り組むが、大容量で安全性も高い電池の生産では「パナソニックに一日の長がある」(みずほ銀行の湯進主任研究員)。

赤字続きだったパナソニックのテスラ事業も2021年3月期にようやく黒字転換する可能性が出てきた。22年に持ち株会社制に移行するが、津賀一宏社長は「挑戦の方向性が明確になった」として電池事業を全社の成長をけん引する「基幹事業」に格上げした。
テスラモデル3 Tesla model 3 値下げ

注目はテスラの電池内製化へのパナソニックの対応だ。テスラが内製化を表明した新型電池は直径4.6センチ、長さが8センチの円筒形で「4680」と呼ばれる。20年10月にテスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が発表し、電池の容量当たりのバッテリーの生産コストを従来品の半分程度にできるとした。これに対し、渡辺氏は「(米テスラ向けに同スペックの)新型電池の開発に着手した。我々には30年間電池を改良してきた経験がある」と話した。
テスラ 4680バッテリー

➡︎□元記事に



日経が取り上げるだけあって、
世界の資源競争及び、世界経済に影響が大きいので、
ニュースバリューがあるのだと思います。

そして日本のガラパゴス規格であった軽自動車をいよいよ電動化しようとする
動きには、電池の低価格化は必然となります。

そしてテスラは、250ドルEVの発売を公言しています。
そうなると軽EVとテスラの売価差は極めて低いものになるかもしれません。
内燃機関軽自動車は、格安車以外は完全に比較対象に入ってくるかも
しれません。

世界の電動化推進には電池の低価格化、資源調達のサスティナビリティ
考慮は必須条件です。
今後に期待しましょう。

GM vs TESLA バッテリー対決

➡︎□GM vs テスラの電池調達対決

中国CATL テスラ用EVバッテリー

➡︎□テスラ中国CATLのコバルトフリー電池

GM キャデラックlyriq リリック

➡︎□搭載電池はアウトランダーPHEVの15倍?!GMのキャデラックLyric


テスラ 新型車計画

➡︎□テスラ、いよいよ2.5万ドルEV発売は近い

全固体電池とは?

➡︎◻︎リチウムイオン電池の限界と全固体電池

全固体電池プロジェクト NEDO

➡︎□オールジャパン全固体電池開発プロジェクト

トヨタRAV4PHV ワートレイン TNGA K 「THS II Plug in」
➡︎□トヨタRAV4PHVの受注停止はリチウムイオン電池の調達不足が原因

リチウムイオン電池 クルマメーカー供給相関図

➡︎□2016年度版世界のEVリチウムイオン電池供給相関図
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する