FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

BMWが、系列「MINI」の100%電動ブランド化を発表

ボルボやジャガーなど
次々と電動化ブランドを表明する会社、ブランドが続出していますが、
今度はBMWグループの「MINI」が完全電動化を宣言です。



 BMWグループが2021年3月17日の年次総会において発表した中で、2030年代初頭にMINIをピュアEVブランドにする方針であると明らかにしたことに驚いた人は少なくないだろう。
MINI EV powertrain ミニ

 件の発表によると、BMWグループでは内燃エンジン車の販売台数が徐々に低減するいっぽうで、ピュアEVの販売が2025年から2030年にかけて年ごとに平均20%を上回る勢いで増加していくと予想。今後の約10年で世界でおよそ1000万台のピュアEVを販売し、2030年にはその販売比率が50%を超えると見込んでおり、すべてのシリーズにピュアEVを用意する、としている。

MINI EV ミニ 電気自動車

 MINIについてはさらに、早ければ内燃エンジン搭載車は2025年に導入するニューモデルが最後となり、2027年までにピュアEVの販売比率が50%を超え、2030初頭にはピュアEVモデルのみを販売する方針という。eモビリティの先駆けとして立ち上げたプロジェクト「BMW i」よりも先に、グループ初のピュアEVブランドとなるわけだ。
➡︎□元記事へ




かなり思い切ってます。
こちらもBMW自体がかなり初期から電動化志向を
強めてきた企業であるにもかかわらず、
グループ内のMINIをピュアEV化の旗頭に挙げてきたのは
非常に興味深い戦略です。
どちらかと言えば、現状はBMWブランドの方が電動車両の
イメージが強いのですが、BMWは、内燃機関による販売数が
多いので振り切りにくいのだと思われます。
MINI PHEV ミニ
(写真はMINIのPHEV)
MINIにも優れたPHEVがありますが、これも10年以内に
廃止になるということでしょうか。
こういう計画を聞くとMINIのPHEVオーナーの方は、
心配になると思います。
その分BEV(ピュアEV)が売れれば良いとの判断なのだと
思いますが、個人的には電動化の導入車としてのPHEVは、
貴重だと思いますが本当に捨てて良いのかが気になります。



BMW mini electronic 2017

➡︎□2017年時のBMW、MINIグループのPHEV戦略



BMW iX3 EV パワートレイン


➡︎□BMWが採用する変化対応型プラットフォーム


横浜イングリッシュガーデン ハロウィン

➡︎□横浜イングリッシュガーデンのMINIクーパー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する