fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

パリダカ後の電動車両のラリー参加履歴について

三菱本社ショールームにパジェロのパリダカ優勝車が、
展示されたのをきっかけにドライバーであった増岡氏と
ラリーの取材記事が各誌にでて嬉しいです。
今回はパリダカ後に三菱が、電動車両でラリーに臨んだ
ヒストリーに触れた記事があったので紹介します。



三菱パジェロ パリダカ優勝車 

 三菱自動車は2008年までパジェロでダカールラリーにて快進撃を続け、舞台を南米に移した2009年にレーシングランサーで出場したのを最後に活動を休止する。2005年にランサーでのWRC活動をすでに終えていた三菱自動車にとって、世界の舞台でのワークス活動はここで一旦幕を降ろすこととなった。

 その後、三菱自動車のモータースポーツ活動は2012年に再開する。「i-MiEVエボリューション」でパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムへの挑戦だ。すでにオールターマックで開催されていたこのヒルクライムでの三菱自動車のチャレンジは、「今後の車両の電動化に向け、モーターや電池を限界まで使いながらパワーユニットや制御技術の向上を主眼としていた」と増岡氏は振り返る。


miev revolution Ⅲ バイスピーク
2014年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦した「2014 MiEV Evolution III」(写真提供:三菱自動車工業)
 また、WRCやダカールで経験を積んだスタッフがベテランになりつつある時期だったこともあり、パイクスでは若手メカニックを起用。現在その人材が育ち、電動車の技術を支えているそうだ。現在の電動化の流れを考えれば実にいいタイミングでの参戦だったように思える。

 2013年からは「アウトランダーPHEV」で東南アジアで開催されるアジアクロスカントリーラリーへの挑戦をスタートする。こちらはダカールラリーとは違い、雨季の東南アジア特有の泥との戦いで、ツーアンドフォーモータースポーツのプライベーター参戦への技術支援という形で実現している。

アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー
2013年のアジアクロスカントリーラリーに参戦したアウトランダーPHEV
 実は、この挑戦は明るい未来を描いての企画ではなかったと増岡氏は当時を振り返る。2013年の春、三菱自動車が自動車用バッテリーの不具合によるアウトランダーPHEVのリコールという問題が大きな話題になったことを記憶している読者もいるのではなかろうか。これまで三菱自動車が育んできた電動車両の信頼を取り戻すという会社的な緊急課題が、このラリーへの技術支援のきっかけになったことも今回明かしてくれた。怪我の功名と言っては語弊はあるだろうが、奇しくもパジェロで育てた堅牢なモノコックボディとパイクスで育てた電動化の技術がここで1本の糸として繋がったわけだ。

 電気と相性のわるい水との戦いは、アウトランダーPHEVにとって決して楽な戦いではなかったが、ツーアンドフォーモータースポーツのスタッフと岡崎から現地入りした三菱自動車の技術スタッフの奮闘は3年間に渡り、東南アジアでの過酷な環境で堅牢な車体の電動車両を磨き込んだのだ。増岡氏も2015年にはこの車両で欧州のバハ・ポルタレグレという500kmのグラベルコースで行なわれるスプリントレースに出場し、その感触を確かめている。
アウトランダーPHEV バハ ボルタグレ500 結果


➡□元記事に


ステイクホルダーからみるとラリー参加というのは、
本当に「投資としてROIにが見合うのか?」
懸念が生まれる費用の使い方だと思います。
しかし、テストコースでの安全、安定走行だけが
クルマの性能を向上させる術ではありません。
災害大国日本をホームカントリーとして、世界の過酷な
環境でも安全安心なクルマを開発するのには、
規模は問わずともラリー参加は有益な手段だと思います。

三菱が世界に誇る電動車両の基本データ収集や基本機能の向上は
少なからずこれらのラリー参加で出来た大きな成果だと
個人的には考えます。

今後、もう一段レベルの高い電動パワートレインが市場に出せる
状態になった時は、世界の過酷なラリー環境でこそ真価が発揮できるかもしれません。
結果、更なるレベルアップを目指して欲しいです。


三菱加藤CEO 国沢対談

➡︎□三菱加藤CEOのラリーに関してのコメントについて


三菱本社ショールーム パリダカール展 パジェロ

➡︎□三菱本社のパリダカール展について

米女性ラリー「Rebelle Rally」三菱アウトランダーPHEV3位に

➡︎□祝米女性ラリーでアウトランダーPHEV3位に!


アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー2015

➡︎□2015年アジアクロスカントリー参戦車への改造


アウトランダーPHEV バハ ボルタグレ500 結果

➡□2015バハ・ボルタレグレでアウトランダーPHEVブービー賞

アウトランダーPHEV オーストラレーシアン・サファリ2014

➡□オーストラレーシアンサファリ2014 PHEV完走


アウトランダーphev アジアクロスカントリーラリーに参加

➡□2014アジアクロスカントリーラリーでアウトランダーPHEV14位

miev revolution Ⅲ バイスピーク

➡︎□三菱MiEV Evolutionによるバイスピーク インターナショナル ヒルクライム2014

三菱パジェロの歴史

➡□パリダカでパジェロ3位に
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する