fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

日本のベンチャー企画、中国製EV、佐川急便が7200台採用

コロナ禍で一気に世界中の宅配便が急増しています。
そんな中で宅配業車のEV化が進行しています。
日本でも佐川急便がEVの大量発注を決定しました。




中国の自動車メーカー、広西汽車集団がSGホールディングス(HD)傘下の佐川急便に電気自動車EV)を供給する。佐川は現在保有する軽自動車7200台を2030年までに切り替える。EVでは異業種からの参入が目立っているが、脱炭素が急務な商用車の分野で電動化が加速している。
佐川急便EV ASF EV 中国広西汽車集団


佐川急便は神奈川県綾瀬市の同社施設で、小型EVのプロトタイプを公開した。プロトタイプは高さ1・9メートル、幅1・5メートルで最大350キログラムの荷物を積載できる。6時間ほどの充電で200キロメートルの走行ができるほか、1年間の走行で二酸化炭素(CO2)を4トン削減できる。
佐川急便EV ASF EV 中国広西汽車集団

佐川は22年9月から運用を始める。宅配便大手で軽自動車すべてをEVにするのは初めて。全車両の切り替えでSGHDグループ全体のCO2排出量が19年度比で10%減になるという。

小型EVの運転席には、開発中の配送ルートの自動作成システムを搭載したタブレットを設置した。台車をコンパクトに収納できるスペースや夜間でも作業をしやすいよう大型の照明をつけた。佐川はこうした宅配事業に特化したEVを模索するなか、ベンチャーのASF(東京・港)が手を挙げ、20年6月から共同で企画開発した。実際の車両は広西汽車集団が供給する。
佐川急便EV ASF EV 中国広西汽車集団

中略

米アマゾン・ドット・コムは米EVスタートアップのリヴィアンに出資し、同社から配送用バン10万台の供給を受ける。国内企業でもソニーが車体生産のマグナ・シュタイヤー(オーストリア)とEVを試作したほか、出光興産は競技用車両開発のタジマモーターコーポレーション(東京・中野)と組んでEVに参入した。米アップルなどもEVに関心をもつ。

(宇都宮想、山田遼太郎)

➡︎□元記事に



以下にASFという会社と、生産する中国企業について
補足しておきます。
今後は、EVベンチャーは、この様な大口受注を取れるかどうかが、
事業成功の資金石になる様に思います。



今回、佐川急便が採用を決めた小型EVは現在軽自動車に乗務する佐川急便のドライバー約7200人にアンケートを実施し、ドライバーの意見を徹底的に反映させた独自の車両として開発される予定です。

 企画や設計は日本のEVベンチャー、ASF株式会社(以下、ASF)が担い、生産は中国・広西に本拠地を置く広西汽車集団傘下の「柳州五菱汽車」がおこないます。
佐川急便EV ASF EV 中国広西汽車集団

 現在の報道で勘違いされている点として、今回佐川急便が採用を決めた小型EVは「中国車」ではなく、広西汽車集団が展開する既存の車両を輸入するわけでもありません。

 設計などの開発面はあくまで日本企業であるASFが独自におこない、中国自動車メーカーの工場で生産する方式です。ASFは日本国内でのEVの普及促進を目指して2020年6月に設立されたファブレスメーカーです。

 
中略
 また、この小型EVを製造するメーカーに関しても誤解が広がっています。製造を担当するのは名前こそ「五菱」ですが、これは昨今日本でも話題となっている超低価格EVミニバンの「宏光 MINI EV」などを生産・販売する「五菱」とは別の会社です。

「宏光 MINI EV」を生産するのは、上海汽車集団とアメリカのゼネラルモーターズ(GM)、柳州五菱汽車(現:広西汽車集団)が中心となって設立された合弁企業の「上汽通用五菱」(通用=通用汽車、ゼネラルモーターズ)ですが、今回の小型EVを生産するのは「柳州五菱汽車」で、「広西汽車集団」の傘下に位置する企業です。
➡︎□元記事に


これで軽自動車以下の価格だとすると、日産三菱など大手自動車
企業もうかうかしてられません。
電動商用車はごっそり取られてしまうかもしれませんね。
お互い頑張って欲しいものです。


米リヴァイン アマゾン配送車 EV

➡︎□米リヴィアン Amazonから10万台受注

Canoo pickup truck カヌーEV ピックアップトラック

➡︎□米カヌーのピックアップトラック

米ウーバーテクノロジー EV

➡︎□米ウーバーのEV

プジョー 電動商用車  eーExpert EVバン


➡︎◻︎プジョーのEV商用車 e-Expert

出光EV 出光興産 タジマモータース 出光タジマEV

➡︎□出光興産とタジマモーターのEV

上汽GM五菱汽車の「宏光MINI EV」

➡︎□こちらは中国の所有する小型EV「宏光MINI EV」45万円
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する