fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

新型コロナワクチン巡回接種用車両としてアウトランダーPHEV港区に供与

今は、高齢者の方の間で話題は
新型コロナ用ワクチンの接種です。
三菱から医療現場を支える良いニュースが



 三菱自動車は4月28日、新型コロナワクチン巡回接種用車両として東京都港区(武井雅昭区長)へ同社のプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」を無償貸与すると発表、同日、港区役所にて感謝状の贈呈式が行われた。
三菱港区にアウトランダーPHEV供与ワクチン運搬

 式典にて、加藤社長は「港区と当社は昨年、東京都内で初めて災害時協力協定を締結した。この協定がきっかけで、ワクチン巡回接種時にプラグインハイブリッドEVをご活用いただくという話につながり、今回、『アウトランダーPHEV』の機能を生かしてお役に立てることを大変嬉しく思う」と述べた。
給電機能を保冷剤の冷却やバックアップ電源に活用
三菱港区にアウトランダーPHEV供与ワクチン運搬

 アウトランダーPHEVは、AC100V、最大1500Wの給電機能を用いてラゲッジルーム内の冷凍庫へ給電し、移動中にワクチン輸送用保冷剤を冷却するほか、ワクチン接種に伴う訪問医療チームの巡回などの活用を想定している。
 また、自然災害等による不測の停電に備え、自家発電設備のないワクチン接種会場でのバックアップ電源としての役割も期待されている。
三菱港区にアウトランダーPHEV供与ワクチン運搬
(写真ワクチン運搬方法と、パナソニック、中国製の運搬用冷蔵庫)
 今回の取り組みは、同社が2019年8月から推進する、電動車両を活用した自治体への支援活動「DENDOコミュニティサポートプログラム」の一環として港区の賛同を得て実現したもの。


➡︎□元記事に




三菱は、既に本社のある港区と災害支援協定をむすんでいるので、
このような活動がすぐに行われた様子です。
マイナス温度での輸送保存が必要な今回のワクチンを運搬するには
冷蔵庫の電源に100Vが使えて安心ですね。

一日も早く多くの人がワクチン接種できるとよいですね。
(我々に回ってくるのはいつかなあ、、、)



東京都港区 三菱自動車災害時協力協定

➡◇港区と災害支援協定締結(2020年冬)


三菱エクリプスクロスPHEV実車 三菱本社ショールーム

➡□昨年の比較的コロナが収まっている時に三菱港区ショールームに行ってみた


アウトランダーPHEV at 三菱本社

➡□旧本社ショールームへ行った(2013年)
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する