fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです

スバルのEV SUVの車名は「ソルテラ」!トヨタ「bZ4X」との兄弟車に

小生はスバルEV専用車ブランドは「エボルティス」
と予想していましたが完全に外れました。
従来は「フォレスター」「レボーグ」「アウトバック」等
勇ましい名前がイメージですが、
スバルらしくない、かわいい?響きの「ソラテラ」だそうです(笑)
大丈夫か?ー





スバルは2021年5月11日、トヨタが共同開発を進めている四輪駆動EVの名称を「ソルテラ」に決めたと発表した。
ラテン語で、ソルは太陽、テラは大地を意味し、ソルテラは造語である。
日本/北米/欧州/中国などグローバルで2022年央までに発売する予定だ。
スバルはソルテラをSUVの仲間として位置付けている。日本でのXV/フォレスター/アウトバック、さらに北米でのアセントに次ぐ新型SUVとなる。
モーターの出力、搭載する電池容量、満充電での航続距離、加速性能など技術な数値やボディ寸法などについては今回未発表だった。
唯一示されたのが、電動車専用の車体として「eスバル・グローバル・プラットフォーム」を採用するという点だ。
「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」EV
(トヨタbZ4X)
これはトヨタでいうe-TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に相当する。
e-TNGAを使った四輪駆動EVといえば、トヨタが2021年4月の上海モーターショーでワールドプレミアした「bZ4X」があり、同車についてトヨタはスバルとの共同開発と説明している。
つまり、ソルテラはbZ4Xの兄弟車という見方ができるが、2ドアスポーツカーのBRZと86の場合はスバル主導開発だが、ソルテラではトヨタ主導の開発というイメージを持つ。
今後、世の中でのEVシフトがさらに進む、スバルはさらにトヨタへの依存度が高くなるように思えるのだが……。

中略
スバル トヨタ evoltis エヴォルティス
(スバル evoltis コンセプト)
中期経営ビジョンSTEP2.0では「スバルのありたい姿へ」として「他とはちょっと違うスバルとお客様との深い関係性をさらに進化させる」と表現している。
その上で、機能価値では、安全性/耐久性/走破性を挙げているが、現行車での技術的な他社との差別化は、水平対向エンジンによるところが極めて大きい。
シンメトリカルAWDによる低重心による安定した走り味こそ、スバルの真骨頂である。

スバル トヨタ evoltis エヴォルティス アドレナリンコンセプト
(スバルVISIVヴィジブ アドレナリンコンセプト)
スバルとしてEV多モデル化によって各モデルでトヨタ車との走りにおける明確な差別化は難しくなり、スバルらしさを維持することも難しくなるだろう。
そうしたスバルEVシフトの過程で、水平対向エンジンのハイブリッド化やプラグインハイブリッド化を並行して進めるのか?
それともボルボやジャガーのように、スバルもEV専用ブランドという生き方を早い時点で表明することになるのか?
その上で、BRZと86については、内燃機関の開発をやり尽くして、その使命を全うする道を歩むのか?
現実的には、スバルにとって最重要市場であるアメリカが今後、カリフォルニア州など一部の州のみならず、連邦政府としてEVシフトについてどのような政策を進めるかによって、スバルとして「大きな決断」をしなければならない日が訪れるのかもしれない。

➡︎□元記事に



個人的には、「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」がWRXや、XVを車名にしている
スバルっぽい感じが、、、
「ソラテラ」がかつて「セラ」というクルマを出したり、「ミライ」なんていう
ネーミングセンスを持つトヨタっぽいと思うのは自分だけでしょうか?(笑)


ソラカラちゃん スバル ソラテラ

「ソラテラ」からの響きが近い「ソラカラちゃん」「ソライエ」「ソラシラ」「ソラテラス」
トヨタ セラ

➡︎□トヨタの「SERA セラ」

「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」EV

➡︎□トヨタbZ4X(ビーズィーフォーエックス)について



スバル トヨタ evoltis エヴォルティス

➡◇スバル「エヴォルティス コンセプト」


スバル EVコンセプト

➡︎◻︎スバルのEVコンセプトモデル


「スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」

➡︎◻︎スバルのコンセプトカー「ヴィジヴ アドレナリンコンセプト」
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する