fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

新型アウトランダーPHEVの発売にも影響か?半導体不足で三菱国内生産拠点減産

ちょっと年末の新型アウトランダーPHEV発売に
心配なニュースがありましたので紹介します。




三菱自動車は二十一日、世界的な半導体不足で部品の調達が滞り、水島製作所(岡山県倉敷市)など国内外の生産拠点で、六月に計約三万台の減産を実施すると明らかにした。スズキと日産自動車も国内で生産調整を続ける計画。トヨタ自動車は国内工場を六月に初めて一時停止することを既に発表しており、半導体不足の影響が広がっている。
三菱自動車 岡崎工場 EV充電噐
(岡崎製作所)
 三菱自は岡崎製作所(愛知県岡崎市)と子会社パジェロ製造(岐阜県坂祝町)の工場に加え、タイとインドネシアの生産拠点が対象。工場の稼働を半日停止するなどして対応する。
三菱水島
(水島製作所)
 スズキは静岡県内の相良(牧之原市)、湖西(湖西市)、磐田(磐田市)の各工場を六月上旬に一時停止することを検討している。

 半導体はデータセンターやスマートフォン向けの需要増に新車販売の回復が重なり、業種を超えた争奪戦になっている。自動車各社は年明け以降、生産調整を余儀なくされてきた。

 半導体の調達にめどが付けば、工場の稼働を増やし、マイナス影響を最小限にとどめる方針を示している。
➡□元記事に



これは困りましたね、、、、。
以下日経にその要因を簡単に書いたものが
ありましたので紹介します。



2020年秋以降、半導体不足が続いています。新型コロナウイルスの影響でテレワークが世界中で広がり、パソコンなどに使う電源管理用の半導体がまず足りなくなりました。さらに世界最大の中国の自動車市場の回復を受け、半導体不足で車の生産が制限される事態になっています。車に使われる半導体では「走る、止まる、曲がる」といった動きを制御するマイコンなどが不足しているといいます。
半導体不足 クルマメーカー2021

半導体の生産に時間がかかることも不足の要因となっています。車メーカーは車需要が落ち込むとみて20年春に半導体の発注を大きく絞りましたが、回復は想定以上のペースでした。半導体は通常、材料を投入してから製品ができあがるまでに3カ月以上の時間がかかるため、車の需要回復に合わせて発注を増やしても間に合いません。また米政府による中国企業への制裁もあって、半導体の調達先が限られたことも不足に拍車をかけています。



➡□日経


なる程です。
コロナで世界中の人の暮らし方が大きく変わったことの
影響の一つと言えるでしょう。
なんとか無事にアウトランダーPHEVの発売に
半導体が間に合います様に祈ります。


新型三菱アウトランダー新型日産エクストレイルall new outlander x-trail

➡□新型アウトランダーPHEV2021年10月発売、日産エクストレイル半導体不足で大幅遅延?(既報)


三菱新型アウトランダー2021-2022(北米仕様)Mitsubishi outlander2022

➡︎□ベストカー誌の新型アウトランダー発売日予想記事
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する