fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱エクリプス クロスPHEV 海を渡ってニュージーランド、豪州で発売

アウトランダーPHEVに続いてエクリプスクロスPHEVに関しても
輸出による展開国拡大が行われました。
先ずは、地球の反対側ニュージーランド、豪州から。




三菱自動車工業は5月26日、新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」のPHEVモデルを、6月1日にニュージーランドで、7月には豪州で発売すると発表した。
三菱 新型エクリプスクロスPHEV

 新型エクリプス クロス PHEVモデルは、三菱自動車の2車種目となるプラグインハイブリッドEVで、ツインモーター4WD方式のプラグインハイブリッドシステムを「アウトランダーPHEV」から継承し、スポーティな制御に設定。力強く滑らかで静かな電動車ならではの加速性能と、車両運動統合制御システムS-AWCによる意のままの操縦性と卓越した安定性を実現した。
三菱自動車 ニュージーランド
(三菱 ニュージーランド)
 また、自ら発電できるため、満充電・満タンの状態であれば、V2H機器を経由して一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給することもでき、非常時に頼もしい電力源となる。

三菱自動車工業 副社長 矢田部陽一郎氏のコメント

「ニュージーランドでは『アウトランダーPHEV』の累計販売台数がプラグインハイブリッドおよび電気自動車カテゴリーの中で同国最多となるなど、当社の環境対応車を高くご評価いただいています。『エクリプス クロス』のPHEVモデルは環境性能に加えて、どなたでも安心して楽しめる軽快感のあるハンドリングで走りの魅力を高めています。すでに販売を開始している日本と欧州でご好評いただいており、ニュージーランドと豪州のお客さまにも自信を持ってお届けいたします」と述べている。
ニュージーランド

 三菱自動車は、持続可能な社会の実現に向けてプラグインハイブリッドを軸に電動車の普及を促進しており、今回の投入によって商品ラインアップを拡充するとしている
➡□元記事に



当ブログで三菱の色々な海外での活躍を書いてきましたが
ニュージーランドについては、
オールブラックスとのコラボと2015年にアウトランダーでちょっと触れただけでした。
今回改めて三菱が頑張っている国の一つと認識しました。
人口は500万人しかおらず、家畜がその10倍だそうです。
良い国に思えますね、行ってみたいです。

エクリプスクロスも売れると良いですね。


アウトランダーPHEV オールブラックス特別仕様

➡︎□三菱、ニュージーランドラグビー代表オールブラックスとコラボ


アウトランダー 2015 USA

➡︎□2015年アウトランダー世界で一番早く価格提示ニュージーランド

ニュージーランド美人
(通例ながらニュージーランド美人の写真をつけています)


アウトランダーPHEV オーストラリアラリー


➡︎□初期型アウトランダーPHEV豪州でラリーに参加


三菱アウトランダーPHEVカンガルー島
三菱アウトランダーPHEV 南オーストラリア州


➡︎□亡き益子氏オーストリア出張の図

オーストラリア美人 カイリーミノーグ エミリーブラウニング ジェマ ミランダカー
(ミランダカー、カイリーミノーグ等オーストリア美人)
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する