fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

トヨタ三菱流に屈す?PHVをPHEVと表記修正

トヨタが、初めて三菱流に屈した!?
トヨタが初めて「PHEV」という言葉を決算報告で使ったらしいのです。




トヨタ自動車は2021年3月期の決算説明会を5月21日に実施、その後カーボンニュートラル実現に向けた技術と戦略についての説明会をオンラインで行なった。登壇したのは、取締役 Chief Digital Officer ジェームス・カフナー(James Kuffner)氏、Chief Production Officer 岡田政道氏、Chief Communication Officer 長田准氏、Chief Financial Officer 近健太氏、Chief Technology Officer 前田昌彦氏の5名だった。

 この説明会に関してはすでに関連記事で紹介したとおりだが、トヨタのこれまでの発表などを見てきた人にとって違和感があったのは、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、燃料電池車の略称を変えてきたところだろう。
トヨタ決算発表 電動車両表記 変更PHEV HEV

 言うまでもなくトヨタは、実用ハイブリッド車の「プリウス」を世界初の量産車種として世に送り出したメーカーだ。その際に英語の略称として使っていたのがHV(Hybrid Vehicle)。その後、ハイブリッド車の電池を増量し充電対応としたプラグインハイブリッド車を「プリウスPHV(Plug-in Hybrid Vehicle)」として市販化し、水素によって発電する燃料電池車をFCV(Fuel Cell Vehicle)の「MIRAI(ミライ)」として量産発売してきた。
トヨタ決算発表 電動車両表記 変更PHEV HEV

 ところが、この決算説明会資料においては表記を変更。HV(Hybrid Vehicle)はHEV(Hybrid Electric Vehicle)に、PHV(Plug-in Hybrid Vehicle)はPHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)に、FCEV(Fuel Cell Electric Vehicle)と、EV入りの表記に変更していた。そして、今までEV(Electric Vehicle)と略されることが多かった、バッテリのみをエネルギー源として走る電気自動車については、BEV(Battery Electric Vehicle)と表記。BEV、HEV、PHEV、FCEVという表記に変更し、EVについてはElectric Vehicleではなく、Electrification Vehicle、つまり電動化車両と位置づけたように見える。

 クルマに関しては詳しい方はご存じだろうが、実はこの辺りの表記は自動車メーカーによって異なっていた。海外と異なるのであればともかく、国内メーカー同士でも異なっていた。よく知られているのは三菱自動車工業の「アウトランダー PHEV」で、同じプラグインハイブリッド車であるにもかかわらずPHVとPHEVが市場に混在する形となっていた。
トヨタRAV4PHV 対三菱アウトランダーPHEV 現行

 これがよい方向に働けばもちろんよかったのだろうが、そもそもプラグインハイブリッド車という新しい概念や、従来とは異なる燃費の表記法など新しい情報山積みの上に、PHVやPHEVが混在する形となり、さらに難しいクルマという印象を与えてしまったように見える。そして、プラグインハイブリッド車の記事を作る側としても、トヨタのときはPHVと表記し、三菱自動車のときはPHEVと表記するのはよいとして、では一緒に紹介するときは「むむむ……」となり、結局記事化を見送ったときもあったほどだ。

 この混乱は「トヨタが~」「三菱が~」という問題ではなく、トヨタが先駆者であったための歴史だろう。そもそも、初代プリウスの発売は1997年。将来これほど電気自動車の時代になると誰もが思っておらず、燃費をよくするためのアイテムと思われていたくらいだ。それゆえにトヨタはハイブリッド車=HVとしてプリウスを訴求。ハイブリッドが何と何のハイブリッドかあまり説明することもなく、プリウスをしっかり普及させていった。

 当時は街中に充電器は一つもなく、プリウスを電気自動車とガソリン車のハイブリッド車と説明するメリットは何もなかった。

国土交通省と経済産業省の非常時電動車両活用マニュアル EV PHEV
(国交省の資料もトヨタに配慮して従来はトヨタ式表記に)

初代プリウスの説明もHEVに。トヨタの覚悟が感じられる
 クルマに詳しい人であれば、このプリウスに搭載されていたTHS(Toyota hybrid system)がどれほど素晴らしいものであるか理解しているだろう。モーターからのトルクと内燃機関からのトルクを遊星歯車を使ってスムーズに混合し出力、2モーターにより回生までも行なっている。このトルク混合の仕組みは形を変えつつ今でも使われており、これがトヨタの強みになっている。

 そして大成功してしまったが故に、ハイブリッド車が一つのジャンルとして成り立ち、後にバッテリのみで走る電気自動車が出てきたときに、ハイブリッド車には電気自動車の要素がすべて入っているにもかかわらず「ハイブリッド車 vs. 電気自動車という謎な対立軸で捉えられることになった。そしてなぜかトヨタは電気自動車で遅れているという論調とともに。

電動車両の違い HV PHEV EV FCV mota
(従来のトヨタ流定義イメージ)
 この対立軸は、クルマの対立軸ではなく、インフラの対立軸と捉えるのが正しいようにも見える。充電器のない時代にプリウスは登場し、街中に充電器が普及しようとするときに電気自動車は登場した。そしてプリウスはガソリンスタンドインフラの中で生まれ自家発電しつつ走るが、電気自動車は充電器インフラの中で走るように作られているだけとなる。
欧州 電動車両 売筋トップ5
(電動か先進の欧州は既に〜EV表記 こっちがグローバルスタンダードか?)

 そこに加わったのがカーボンニュートラル=電動化=電気自動車という議論。ハイブリッド車は電動化車両であるにもかかわらず、先述したように大成功したが故に、なぜか一つのハイブリッド車というジャンルのクルマと捉えられ、電動化車両とすぐに理解してもらえなくなっていた。カーボンニュートラルを目指す時代において、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、燃料電池車はそれぞれ別のジャンルではなく、広く一般の人に電動化車両ですよと伝えなければならなくなってきた。

 その中で、トヨタが公式資料である決算資料でBEV、HEV、PHEV、FCEVという表記に変更してきたことに驚きを受けるとともに、トヨタの覚悟を感じる。
➡︎□元記事に




これは大きな変化ですね!
RAV4PHVもいずれRAV4 PHEVになるのでしょうか?
アウトランダーPHEVは、長らく世界PHEVNO1の
ポジションを取ってきました。
こっちの呼び名がスタンダードになると、
三菱のクルマのブランド価値も上がるというものです。

トヨタにとってはそんなことより、
内燃機関の対抗軸として強みの「HEV」を
ポジションして捉えて欲しいとの気持ちがあるのでしょう。
いずれにしても日本メーカーが世界の電動車両の中で
メインストリームであり続けて欲しいものです。


トヨタの電動化戦略 EV PHV FCV HV

➡︎□トヨタの現実路線の中期電動化計画



ホンダ2040年までに全ての新車をEV・FCVに

➡︎□ホンダは2040年に新車を全て電動化と発表


小池知事 脱ガソリン車 2030年までに

➡︎□小池知事2030年に脱ガソリン車へ(国よりも5年早く)


トヨタ豊田章夫会長 脱ガソリンに待った

➡︎□トヨタ豊田会長これに対して危機感で反論

2030年代に新車のガソリン車販売禁止へ電動化EV PHEV


➡︎□経産省2030年代半ばに新車を完全電動車両化へ、、、実現には税制改正も必然か。

モーター搭載車の違い

➡□女性にもわかるHVとPHEVの違い
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する