fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

VWの「マルチバン」は、カッコ良すぎる商用車ミニバンPHEV

今日はVWの電動商用車を紹介します。




フォルクスワーゲン商用車部門は新型「マルチバン」を公開しました。刷新されたデザイン、より柔軟なシートアレンジ、そして初採用されたプラグインハイブリッドシステムを特徴としています。
VW フォルクスワーゲン商用車 新型「マルチバン」


「マルチバン」は最大で7人乗れるミニバン。子どもたちの学校への送り迎えから、休日のアドベンチャーまで、幅広く対応できます。商用車用ではなく乗用車用のMQBプラットフォームを採用しているので、快適な乗り心地が期待できます。


VW フォルクスワーゲン商用車 新型「マルチバン」Vw multivan


■ デザイン
エクステリアデザインは1985年の「T3」への敬意を表したもの。水平なデザインラインやフロントフェイス一杯に広がったグリルなどを採用し、当時の雰囲気を醸し出しています。一方、ホイールベースの延長やボディ全体での低重心化、そして空力特性の向上といった、現代のクルマに必要とされるアレンジも加えられています。


■ シートアレンジ
インテリアでは、モジュラー式のシートや革新的なテーブルが装備されました。2列目シートは180度回転し、会議室スタイルのアレンジが可能になっています。
VW フォルクスワーゲン商用車 新型「マルチバン」


マルチファンクションテーブルは新型「マルチバン」専用にデザインされたもの。2列目、3列目のどの列にも移動可能になっています。フロントシートに移動させれば、センターコンソールとしても機能。テーブルには3人用のカップホルダーや収納ボックスが付属しています。

VW フォルクスワーゲン商用車 新型「マルチバン」Vw multivan

■ パワートレイン
フォルクスワーゲン商用車部門によるモデルとしては初めてプラグインハイブリッド(Plug-In Hybrid:PHEV)モデルをラインナップしています。このシステムは150PSの1.4 TSIエンジンと85kWのモーターの組み合わせで、トータルで160kW/218PSを発生。通勤や子どもたちの送り迎えでは100%モーターのみでEVとして静かに走行し、休日の旅行ではガソリンエンジンも活用するという、都市部のドライバーの利用状況にフィットした運用を可能とします。


パワートレインではその他、136PSを発生する1.5T TSI、204PSを発生する2.0 TSIも用意されています。さらに、150PSを発生するターボディーゼルも後に追加される予定となっています。
➡︎□元記事に




これは良いですね!。
商用車ですが、個人仕様としてもかなりイカしたPHEVバンです。
アウトドアユースに最適です。流石ドイツのハイエース。
しかもVWのセンスの良さを活かしたツートンカラーのPHEVです。
やや7人乗りにしてはエンジン.モーターが弱い気がしますが
日本のミニバンにPHEVが不在なので、
日本でも発売したら人気が出そうにも思います。
キャンピングカーへのカスタムも人気が出そうです。


VW T7 2021 ミニバンPHEV

➡︎□開発中のVW T7 multivan 既報

アルファード VOXY ミニバン

➡︎◻︎ミニバンにPHEVが無い理由


アウトランダーPHEV2018年を振り返る 新型デリカD:5公開

➡︎◻︎三菱デリカD5PHEVが無い理由 三菱担当者インタビューより

GM キャデラックlyriq リリック

➡︎◻︎キャデラックはアウトランダーPHEVの15倍の容量まで搭載可能なプラットフォーム開発

VW ev I.D buzz

➡︎◻︎VWのID BUZZ

VW EVコンセプトカーの『ID.バギー』(Volkswagen ID. Buggy)


➡︎□惜しくも開発中止のVW ID バギー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する