fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱、ジャパンサイクルリーグに「エクリプス クロス PHEV」提供

三菱は、単なる資金協賛や、冠スポンサーよりも、
クルマそのものを提供する事を優先しているように思います。
今回は自転車レースの伴走車にエクリプスクロスPHEVを提供しました。





 三菱自動車工業7月2日は、ジャパンサイクルリーグ(JCL)とオフィシャルパートナー契約の締結を発表。「三菱地所JCLロードレースツアー2021 第3戦 広島ロードレース」(7月10日開催)より、JCLロゴのオリジナルラッピングが施された「エクリプス クロス PHEV」3台をオフィシャルカーとして提供する。
ジャパンサイクルリーグに「エクリプス クロス PHEV」提供

 レース時の審判車両として走行するエクリプス クロス PHEVは、排出ガスを出さないクリーンなEV走行モードで伴走し選手に配慮。また、全国レース会場への移動時は、静かで滑らかなモータードライブと運転支援システムにより長距離運転の疲労を軽減、広いラゲッジスペースには備品など多くの荷物を積載する。

 エクリプス クロス PHEVは「日常はEV、遠出はハイブリッド」として、力強く滑らかなEVならではの走りを心ゆくまで楽しむことができ、ガソリンを使わずにモーターで走るEV走行モードでは57.3km(EV航続距離、WLTCモード)走行することができ、バッテリー残量が少なくなるとエンジンで発電しながら走るシリーズ走行モードに移行。また、先行車の加速・減速・停止に対応して追従走行をサポートするレーダークルーズコントロールシステム「ACC」や車線逸脱警報システム「LDW」などの運転支援システムも搭載している。
ジャパンサイクルリーグに「エクリプス クロス PHEV」提供

 三菱自動車はJCLのパートナーとして本活動を通じ、スポーツの振興・活性化に貢献するとしている。

➡︎□元記事に



ワクチン運搬にはリアガレッジの広いアウトランダーPHEVが、
提供されています。災害の救援等にはアウトランダーPHEVの
方が、使い勝手が良いと思われます。
一方で、今回自転車レースの伴走にはエクリプスクロスPHEV
が今回は提供されました。
 もともとJCLには三菱地所が公式スポンサーとしてついており、
今回三菱グループの三菱自動車がクルマを提供した様子です。
 (専用車にはMitsubishi morters よりも大きく三菱地所の社名が)
写真の様にクルマが自転車の前後を伴走する場合は、電動車両が
良いと思います。
 特にTV中継があるレースになると広告効果は絶大です。
(箱根駅伝など)
 さらに言えば、排ガスを出さないBEVがより好ましい様にも思えます。
自転車レースは152km等の距離になるので、EV航続距離に余裕のある
EVの開発がこの様な伴走車の提供には望まれます。
 三菱のBEV(RVRあたり?)がレースに伴走する日がきますように。

アウトランダーPHEV 愛知県蒲郡市に貸与 コロナワクチン運搬

➡︎□ワクチン運搬にはアウトランダーPHEVを提供

ベトナム美人

➡︎◻︎海外にもアウトランダーPHEVを提供(ベトナム ダナンに供出)

全国女子駅伝の伴走車にアウトランダーPHEV


➡︎□女子駅伝の伴走車にアウトランダーPHEV2019

箱根駅伝伴走車 トヨタセンチュリーGRMN


➡︎□箱根駅伝の伴走車は、近年はスポンサーのトヨタ車
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する