fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ルノーの大量EV生産計画、バッテリーメーカーともギガ契約。

三菱..日産ルノー3社アライアンスの電動車両での
成果につながるとも思える強気の計画が相次いでいます。
欧州でのルノーEV計画です。




ルノーグループ(Renault Group)は6月28日、バッテリー2社と戦略的提携を結び、フランスに大規模バッテリー工場「ギガファクトリー」を建設すると発表した。

ルノーEV メガーヌ「E-TECHエレクトリック」デメオCEO

ルノーグループは、フランスをEV向けバッテリーの事業戦略の中心に据える。フランスをEV向けバッテリーの設計と生産のグローバルハブに位置付けている。そこで、ルノーグループは今回、バッテリー2社(エンビジョンAESC社とヴェルコール社)と戦略的提携を結んだ。エンビジョンAESC社は世界をリードするバッテリー技術を持ち、ヴェルコール社は日産自動車の長年のパートナーとして、EVバッテリーセルの開発を専門としている。
エンビジョンAESC リチウムイオンバッテリー

このうち、エンビジョンAESC社との戦略的提携では、ルノーグループは2024年に9GWh、2030年までに24GWhのバッテリー生産能力を持つギガファクトリーを、フランス・ドゥエーに建設する。最大20億ユーロを投資して、将来の新型EVのルノー『R5』(『 5(サンク)』プロトタイプの市販版)を含めたEV向けに、最新かつコスト競争力のあるバッテリーを生産していく。

ヴェルコール リチウムイオンバッテリー

また、ヴェルコール社との戦略的提携では、2022年までに高性能バッテリーのパイロット生産ラインを立ち上げ、2026年までに最先端のギガファクトリーを稼働させる計画。ルノーグループとヴェルコールは、ルノーブランドのCセグメント車や、アルピーヌ車に適した高性能バッテリーを共同開発する予定だ。

ルノーグループのルカ・デメオCEOは、「2社との最新の戦略的パートナーシップは、2030年までにヨーロッパを拠点に100万台のEVを生産するという目標実現に向けて、ルノーグループの立場を強化するもの」と述べている。
➡︎□元記事に



電動車両をウォッチしていると、
知らず知らずのうちにバッテリー等のサプライアーに関する
知識が増えていきます。
従来の内燃機関車に関しては、自製している場合が
多いのであまり部品メーカーまでは関心がありませんでしたが、
こうなってくると、自分が乗るクルマに、どこのリチウムイオンバッテリーが
積まれるかは非常に関心が高くなります。
ルノー日産三菱アライアンスの共同購買によって
いずれ三菱の電動車両についてもGSユアサ以外のバッテリーが
積まれるかもしれません。
バッテリーのサプライアーに関しては、引き続き注目していきたいと思います。

Envision AESC 日産 NEC EVリチウムイオン電池 茨城新工場


➡︎□日産出資の電池メーカー茨城にメガ工場



アシュワニ・グプタ 日産COO

➡︎□日産グプタ氏ルノー日産三菱3社で電動車両部品の7割を共通化へ


ルノーEV メガーヌ「E-TECHエレクトリック」

➡︎□三菱オーナーなら知っておきたいルノーのEV事情
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する