fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱「北米ランダーで業績改善」…通期利益上方修正へ

三菱の2021年度第1クオーターの決算が発表されました。
昨年の厳しい状況から一転し、黒字転換となった模様です。
その要因は北米新型アウトランダーだそうです。



三菱自動車工業は7月27日、2022年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算をオンラインで発表した。新モデルの貢献などで営業利益は106億円(前年同期は533億円の赤字)を確保し、5四半期ぶりに黒字転換した。好調な出足で、通期予想は上方修正した。
三菱自動車 20211Q決算

第1四半期累計のグローバル販売は、前年同期比66%増の23万台と大幅に回復した。主力のASEAN地域が2.4倍の5万8000台となったほか、新型『アウトランダー』を4月に投入した北米が2.3倍の3万9000台となり、回復をけん引した。日本は36%増の1万5000台だった。

営業損益段階では販売台数増による増益影響が297億円にのぼった。前期に取り組んだ構造改革による効果も107億円の増益要因となった。為替レートは1ドル110円で前期比2円の円安となるなど大半の通貨が円安で推移し、118億円の増益に寄与した。

純利益は61億円(前年同期は1762億円の赤字)となり、四半期では2年ぶりに黒字転換した。売上高は88%増の4319億円と、販売の回復で大幅増収になった。22年3月期通期の業績予想は、グローバル販売を前回見通しから1万台上方修正の96万7000台(前期比21%増)に上方修正した。営業利益は従来比で100億円増額の400億円(前期は953億円の赤字)、純利益は50億円増額の150億円(同3123億円の赤字)に上方修正した。
三菱自動車 20211Q決算

会見した池谷光司代表執行役副社長(CFO)は第1四半期の業績について「北米のアウトランダーの成功や前期の構造改革により、大幅な業績改善ができた。営業利益率は2.5%まで改善している」と評価した。

一方、通期の業績予想についてはコロナ禍や半導体不足などで「引き続き不安定であり、第2四半期以降は従来計画を据え置いている。修正計画の達成に全力を尽くす」と述べた。半導体不足による生産への影響も通期で4万台とした期初見通しを据え置いている。

➡□元記事に




良かったですね〜。
北米新型ガスランダー売れてるみたいですね。
こんな特徴的なSUV、北米に無いですもんね。

三菱新型アウトランダー2021-2022(北米仕様)Andrea spencer

➡︎□カナダでの三菱新型ガスランダー評価


決算に気を良くしたジャーナリストからはトライトン逆輸入の期待も




また、三菱にとって2020年の前半から中盤は、ルノー・日産・三菱アライアンスのなかで、車種、技術、そして製造販売する国や地域による“リーダーとフォロワー”という考え方を強化するための準備期間でもありました。
 ところが、蓋を開けてみると、三菱が得意とするアセアン市場で販売台数は2.2倍の58万台まで一気に回復を成し遂げたのです。
 国別での内訳は、タイ、インドネシア、フィリピン、そしてベトナムと各国で軒並み販売台数増となっており、なかでもインドネシアは前期比の5.2倍という急激な伸びを見せています。
 背景には、インドネシアの国民車的な存在で需要が高いMPV(マルチパーパスヴィークル)の「エクスパンダ―」が、一部税金が免税されることで販売が好調なこと。
 さらに、インドネシアでは鉱山開発が急激に進んでいるため、そこでの“働くクルマ”としてピックアップトラックのトライトンが売れているのです。
アウトランダーPHEV2018年を振り返る 新型トライトン公開

 三菱の決算資料に描かれた、ゴツゴツした岩場を走破するトライトンの強靭な姿が印象的です。また、昨今の三菱各モデルが採用している押し出し感の強いフロントマスクが、実に精悍な雰囲気で「日本でも、復活して欲しいものだ」と素直に思いました。
 そして、復活の可能性は十分にあるのではないでしょうか。なぜならば、日本では今、トヨタ「ハイラックス」が前年比2倍となる好調な販売を続けているからです。
国産唯一のピックアップトラック トヨタハイラックス
(国産唯一のピックアップトラック トヨタハイラックス)
 ハイラックスは2017年に13年ぶりに日本復活となった、全数がタイからの輸入車です。

 直近ではキャンプなどのアウトドアブームに後押しされ、ハードユースが可能な本格派四駆の仲間として、本来は商用車である日本国内で唯一のピックアップトラックとして注目が集まり、とくに20代から30代でハイラックスユーザーが一気に増えてきているのです。
 一方、トライトンは初代が2006年から2011年までタイから輸入され日本国内で販売されましたが、当時の需要は限定的でした。時代が変わり、ハイラックス独り勝ちとなった日本市場で、いまこそトライトン復活のタイミングなのではないでしょうか。
 トライトンが、オフロード系ミニバンとして国内唯一無二の存在として高い人気を誇る「デリカD:5」との良き相棒になることは間違いありません。

➡︎□元記事に




トヨタハイラックスがこんなに売れているって知りませんでした。
しかもタイ生産品の逆輸入で。
三菱も検討に余地があるかもしれませんね。
何にしても新型アウトランダーPHEVの発売を前に会社自体に
元気が出てきた事は非常に良い傾向です。
プロモーションにもMK費を使えるかもしれませんね。

期待したいです。

三菱決算報告書2020 電動化計画

➡︎□昨年の本決算での三菱中期計画書

トヨタ 新型タンドラ

➡︎□トヨタは北米用にさらに大型の新型タンドラを開発中
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する