fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

EVの主導権争いの軸は、完成車からバッテリーへそして基幹装置メーカーへ

今日はEVにおける競争の局面が、
基幹部品メーカーにも移ってきているというお話です。
(日経の記事から引用)
小生の知らない会社も出てきました。





自動車メーカーが電気自動車EV)の心臓部の動力装置を部品会社から一括調達する動きが出てきた。動力装置は産業ピラミッドの頂点に立つ車メーカーが自ら開発・製造するというエンジン車時代の枠組みが崩れ、EV部品にシフトする既存の部品大手や新規参入企業の商機が膨らむ。EVが世界で普及期に入るなか、基幹部品を軸に業界の勢力図が変わる可能性がある。
EV動力装置メーカー

外部調達が始まったのは、モーターやギアを一体化した「eアクスル」。EVの航続距離や走行性能に直結する。車大手はEVの動力装置でも内製を軸とし車づくりの主導権を譲らない構えだが、内製が唯一の選択肢ではなくなっている。

EV動力装置メーカーborgwarner vitesco

韓国の現代自動車グループは2023年から生産する小型EVの動力装置を米部品大手ボルグワーナーから調達する。欧州ステランティス傘下のプジョーは小型EV用に、独部品大手コンチネンタルから独立したヴィテスコ・テクノロジーズから調達している。

動力装置はEVの生産原価の5~10%を占めるとされる。外部調達で部品会社にとって新市場が生まれる。エンジン部品の供給などで従来の車を支えてきた部品会社が商機を見いだしている。

EV動力装置メーカー ジャトコ マレリ ブルーネクサス

日産自動車系の変速機メーカー、ジヤトコは25年までにeアクスルの量産を始める。日産など国内外のEVメーカーに販売する。旧カルソニックカンセイがイタリア企業と経営統合したマレリは25年に年100万基の供給をめざす。

内製、既存の部品会社に続く第3勢力といえるのが、EV化を機に車ビジネスの拡大を狙う日本電産のような企業だ。EV化で先行した中国にeアクスル工場を設け、広州汽車集団や吉利汽車に供給を始めている。
日本電産「E-Axle」吉利汽車採用

動力装置の市場は拡大する見通し。英調査会社LMCオートモーティブによると20年の世界のEV販売は新車全体の3%の214万台だった。30年には2330万台と比率は24%に上がる。富士経済はeアクスルの35年の市場規模を年約1250万基と予測する。

先に外部調達が進んだのは電池だ。中国の寧徳時代新能源科技(CATL)、韓国LG化学、パナソニック、韓国サムスンSDIで75%の世界シェアを占める。電池はEVの原価の3~5割を占めるとされ、EV市場での取り分は大きい。

EVには米アップルなど異業種の参入も取り沙汰される。eアクスルを使うと難易度が高い動力装置の開発負担が減り、新興勢力がEV市場に参入しやすくなる。

EVでは従来の垂直統合型の車づくりへの対抗軸として、パソコンなどのように開発と生産を別々の企業が担う水平分業型の企業連携が広がる見通し。電子機器の受託生産大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は車の受託生産に進出する。

分業の動きはeアクスル開発企業に従来の車メーカー以外の取引先をもたらす可能性がある。
➡︎□元記事に


これを読むと日産と電動部品の共通化を進める三菱の
電動アスクルは従来の明電舎ではなくジャトコになるのでしょうか?。

一方で基幹部品メーカー側から見ればは、今後取引先の統合集約が進むので、量産して
コストを削減する事が可能になってくると考えられます。
一方でeアスクルが共通化されていくと、EVのスマホ化の様な状態が
発生して廉価版EVは機能では徐々に差別性が薄れていく事が懸念されます。
そうなるとアップルの様にブランドとソフトウエア勝負になっていく部分も
あるように想像されます。
(そうなった時がアップルがEVに参入してくるタイミングなんだと思います)
一方で、高級EVやPHEVは、eアスクル自体の差別性で走行性能に
量産EVとは違うレベルのモノを開発する流れがあると予想します。

例えば、搭載されるモーターの数を3や4に増やす、
究極はモーター軸と車軸が同一のインホイールモーター車の
登場も近い将来あるかもしれません。
(衝撃が伝わった時にモーター部が破損するという難題も抱えている様ですが)
今後EVは大衆化と差別化の2方向へ進むと予想されます。


日本電産 インホイールモーター EV

➡︎□日本電産のインホイールモーター


インホイールモーター 日産

➡︎◻︎インホイールモーターについて

三菱 マイテック コンセプトPHEV ガスタービン

➡︎□4モーター搭載の三菱マイテックコンセプト
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する