fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

爆発的な成長の中国EVの課題は「バッテリー自体の爆発」?笑)

今日は「ダジャレが効いてる」では済まされない
中国でのEVバッテリー爆発事故についての記事の紹介です。




爆発的な成長を遂げる中国の新エネルギー車市場だが、新エネルギー車やEV用バッテリー自体も文字どおり爆発している。

 原因の多くは車両設計やバッテリーの品質にある。猛暑日が続いてバッテリーが熱を持ったり、何かのはずみで電装部品やバッテリーが傷ついたために後日ショートしたりするケースが多い。とはいえ根本的な原因は、新興メーカーゆえに技術レベルがまちまちであること、経営状況が悪いために十分なアフターサービスができないこと、あるいはすでにメーカーが倒産してしまい点検やアフターサービスが行われなくなったことなどが挙げられる。

中国EVバッテリー発火事故 爆発
(上は駐車場でテスラ炎上、下は大学構内に駐車中のEVバスから発火)

 最近大きく報じられた発火・爆発事故では、5月に広西チワン族自治区百色市にある大学構内でEVバスが爆発炎上し、隣に並んでいた他の3台にも燃え広がった。詳しい原因は明らかでないものの、シャシー下部のバッテリーから出火したと報じられている。同じく5月には河南省鄭州市で、EVトラックが爆発している。製造元のメーカーはすでに倒産しており、長期にわたって車両の点検やメンテナンスが行われていなかったという。

威馬汽車(WM Motor)EV「EX5」発火爆発
(威馬汽車(WM Motor)EV「EX5」見た目は良いのだが安全性能は?)
 バッテリーに端を発する事故は、何も無名の新興メーカーだけではない。現在IPOを準備している威馬汽車(WM Motor)は、2020年10月にSUV型EV「EX5」がわずか1カ月の間に4台も相次いで発火したことから、1000台以上をリコールしている。同社は発火の原因について、バッテリーセル内の汚染物質が原因である可能性を示唆している。

中期BYD EV発火事故
(世界4位のEVメーカー中国BYDの作るEVの発火事故写真 
 BYDはバッテリーを自製し、他社へ外販もしているのでバッテリーの所為にはしたくないのか、、、)

 また2019年には、大手国産自動車メーカーの比亜迪(BYD)のEVでも発火事故が起きている。当時BYDは、発火したのはトランクの内部からで、バッテリー自体は壊れていないとコメントを発表したのだが、ドライバーにしてみれば火元の無いトランクから発火するようなクルマなんて勘弁してほしいだろう。
中国EVバッテリー発火事故 爆発 NIO ES5
(NIOのES5発火事故写真)
 先に紹介したNIOも2019年の4月に陝西省西安市で修理中に、5月に上海市で、6月に湖北省武漢市で、いずれもSUV型EV「ES8」が立て続けに発火したことから約4800台をリコールしている。バッテリーモジュールの配線が不適切なためにショートしたと説明しており、リコール費用は約5億元と報じられている。
中国EVバッテリー発火事故 爆発 NIO ES5
(テンセント出資のNIOは、既に無かったことの様にES6以降を売っている)

 ちなみに米テスラも中国国内で繰り返し発火・爆発事故を起こしている。直近大きく報道されたケースでは、2021年1月に上海市のマンション駐車場で「Model3」から煙がでて爆発、炎上している
➡︎□元記事に




事故写真は小生がネット上にあるものを
拾ってきていますが、正直言って「これはひどい」状況です。
中国製のリチウムイオン電池、かなり危険だと言っていいと思います。

先般は韓国LG製の電池が米国韓国でリコール対象になったばかりです。
こうなると何と言ってもニッポン品質のバッテリーの安心感が際立ちます。

どんなに素晴らしい電動車両を作っても炎上してしまっては、
写真の様なただの鉄屑になってしまいます。
三菱はアウトランダーPHEVのバッテリーリコールで出荷した4000台の
初期型を全て生産工場の岡崎に返送してバッテリーそのものを新品に
積み替えるという大変な苦労をして今日の安全性を築いてきました。
50年の電動車両製造で培った安全基準もあります。
一方で、思いついた様に急にクルマを組み立てている中国企業は、
開発を急ぐばかりで、安全性が追いついていないと思われます。

中国製テスラが炎上していることを見ても、
筆者の言う通り、市場爆発の最大の壁は安全性なのかもしれません。


韓国現代自動車EVコナ 米GM リコール 韓国LGリチウムイオン電池発火

➡︎□韓国LGのバッテリーが発火しリコールとなった現代とGM

テスラモデルS発火 炎上

➡︎□テスラ過去の上海、香港での発火事件

アウトランダーPHEV 全焼

→□これはオーナーが悪いアウトランダーPHEV全焼事件

 愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出 バッテリー発火リコール

➡︎□三菱アウトランダーPHEV発火リコール
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する