fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

トヨタ「地図に基づきリアルタイムでEV走行に切替える「ジオフェンス」新型レクサスNXから導入

今やクルマとインターネットが繋がって、
地図情報を元にクルマの運転を制御する技術が
少しづつ確立されてきています。
今日はトヨタの新技術「ジオフェンス」を紹介します。




トヨタ自動車のチーフ・プロダクト・インテグレーション・オフィサー(CPIO)を務める山本圭司執行役員は8月25日、オンラインで同社のソフトウェアとコネクティッドの取り組みに関するメディア向けの説明会を開いた。
トヨタ レクサスNX450+ ジオフェンス

このなかで山本氏は、今秋に全面改良して発売するレクサスのSUV『NX』の新モデルは、トヨタの「マルチメディサービスとコネクティッドサービスを4年ぶりにフルモデルチェンジする機会にもなる」と指摘した。そのうえで、地図情報を利用してクルマの運転状況などを制御する「ジオフェンス」という考え方の技術を採用すると明らかにした。

ジオフェンスはジオグラフィー(地図)とフェンス(境界)を組み合わせた用語で、山本氏は「ナビゲーション技術とクラウド技術を足し合わせることにより、地図情報に基づいてリアルタイムで(動力源などを)制御すること」と説明している。自動車では例えば、一定の時間帯に一定の市街地ではEV(電気自動車)の走行しかできないといった規制がある場合、ハイブリッド車(HEV)をEVモードに自動制御して規制に適合させるなどの活用が考えられている。

それによって一定のEV走行が可能なHEVやプラグインハイブリッド車(PHEV)でも、EV以外は締め出される規制区域での利用ができるようになる。将来、エンジン車が全面禁止になれば使えないものの、過渡期的に環境負荷を低減できる現実的な解となる。
新型レクサスNX450h+ PHEV
(新型レクサスNX450+PHEV 予約受注中 10月発売)
山本氏は本格的なジオフェンス技術について、「近い将来に商品化していく」と表明したうえで、新型NXでは「それに先立ち、場所もしくは時間に応じたHEV制御の賢い切り換えというのは、仕組みとして織り込んでいる」と述べた。詳細は示していないものの、この新機能が注目される。なお、新型NXはレクサスとしては初のPHEVモデルも設定している。

➡︎□元記事に



トヨタの新型レクサスNXに搭載されるシステムは、
地図情報を先読みしてクルマの動力を自動的に制御
するという考え方です。
電動車両の場合、先が下り坂ならばモーターの回生で
バッテリーの電気が増えると予想されるので、
その前の登りで電気を使って(出し惜しみしないで)登る。
という事ができて、エコ走行が期待できます。
記事の様に将来(既に一部の観光地ではBEV規制が始まっています)
BEVで装甲ないと走れない道路は、自動で完全電気走行に切り替えて走る
という事ができるそうです。
ジオフェンスは、PHEVにマッチしたシステムの様に思えます。

一方で、ネットを通じた情報をクルマのコンピューターが読み取って
クルマの動力を制御するわけですから、万が一ハッキングされると
一大事です。人の命を預かる乗り物にはパソコン以上のセキュリティが
求められます。


新型レクサス NX PHEV

➡︎□新型レクサスNX450+PHEVは700万円台〜

新型レクサスRX PHEV予想図

➡︎□新型レクサスRXにもPHEV設定か?

クルマのハッキング 遠隔操作

➡︎□クルマのハッキングについて過去記述
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する