fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ミュンヘンモーターショーに登場VWの新型EV「I.D LIFE 」260万円

ミュンヘンモーターショーにVWの次世代EV「I.D LIFE 」が
登場しました。




 世界のEVシフトをけん引する独フォルクスワーゲン(VW)は、メルセデスとは反対に低価格の新型EV「ID.ライフ」を発表した。同社は昨年、初の量産EV「ID.3」を発売する際に低価格でEVの大衆化を訴えたが、実際は3万ユーロ(約390万円)以上で、それほど安くなかった。
VW I.D LIFE id ライフ EV


VWは約2万ユーロの新型EV「ID.ライフ」でEVの大衆化を狙う(写真:Mari Kusakari)
 今は電池コストが高いため「EVは金持ちの乗り物になる」と批判があり、VWには大衆向けのEVが不可欠である。ID.ライフの価格は約2万ユーロ(約260万円)で、VWの1つの回答と言える。低価格を実現するために、様々な工夫を凝らしている。インテリアは簡潔なデザインで、未来感を出すと同時にコスト削減の努力の跡がうかがえる。電池容量は57キロワット時で、1回の充電当たりの航続距離は約400kmと、高級車に比べて短くなっている。
VW I.D LIFE id ライフ EV

 スペインの工場で生産し、25年に発売する予定だ。シュコダ(チェコ)やセアト(スペイン)などグループの量産ブランドでも派生車種を展開する。低価格の一方で、スマートフォンなどを車内で使いやすい設計となっており、若者のEVユーザーを増やすことも狙う。
➡︎□元記事に



VW I.D LIFE id ライフ EV
57kwh、400km走行で260万円だとするとかなり魅力的です。
(日産三菱の軽EVが20kwh、200km走行 200万円と言われています)
この値段は、テスラのマスクCEOが掲げている25000ドル(260万円)
とガチンコの設定です。
当面グローバルの低価格普及EVの主戦価格帯はこの辺になるのかもしれません。
(中国のテスラより売れている2ドア激安EVを除く、これも脅威ですが)

VW フォルクスワーゲン商用車 新型「マルチバン」Vw multivan

➡︎□VWマルチバンPHEVがニクイ!


日産三菱 軽EV carsensor


➡︎□三菱「ek MiEV」2022春いよいよデビュー


tesla 25000 dollar car china 中国でテスラ


➡︎□テスラ25000ドル260万円のEV中国から発売?


上汽GM五菱汽車の「宏光MINI EV」

➡︎□ 上汽GM五菱汽車の「宏光MINI EV」が売れているらしい
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する