fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

しょうゆ顔→ソース顔!? 歴代アウトランダーのデザインを振り返る BYドライバーWEB

ドライバーWEBに歴代三菱アウトランダーのデザインの変遷が
紹介されていました。きちんと書かれている記事なので
アウトランダーオーナーの方は、新型の期待を高めるためにも、
オリジナルをご覧いただければと思います。



三菱自動車の新型アウトランダーが2021年冬にいよいよ国内で発表される。すでに北米で発売が開始されているガソリンモデルではなく、PHEVモデルのみとなる。さらにプラットフォームの一新やPHEVモデルでようやく3列7人乗り仕様が選べる、気になるところも多い。でもこのデザインは本当にアウトランダーらしいといえるのか?

今回は、そんなアウトランダーのデザインについて歴代モデルを振り返ってみたい。
アウトランダーの車名は2001年に登場。「outland(遠隔の地、辺地)」に「er」を組み合わせたもので、「遠く未知なる地へ向かう冒険者」という意味を持たせたものだ。


ただしこのとき登場したアウトランダーは国外で売られるグローバルモデル(輸出モデル)に冠されたもので、国内では同年6月に「エアトレック」として登場したモデルがそれである。
中略
三菱エアトレック2001年エアトレックスポーツギア2003年

登場当時のエアトレックは、オフロードの走破性を主とした本格四駆の武骨なフォルムとは一線を画す、ステーションワゴンに大径タイヤを装着したスポーティかつ力強さを強調したスタイル。独立異形4灯ヘッドライトやグリル一体型バンパーなどスタイリッシュな仕立てで、どちらかというと“しょうゆ顔”と表現できるフェイズデザインだった。
中略


グローバルで2代目となるアウトランダーは2005年に登場。このとき国内販売モデルもエアトレックから車名を改め、「アウトランダー」がグローバル統一車名となった。
中略
初代アウトランダー2005年アウトランダーローデスト2009年

スタイリングは「スマート×スポーツ」をテーマに開発。無駄をそぎ落としたソリッドな面構成と筋肉質な隆々とした足を強調するフェンダーアーチにより、鍛え抜かれたアスリートのようなフォルムを形成している。質実剛健・シャープ・精悍・シンプルといった三菱デザインの精神に立ち返り、モダンなSUVテイストを溶け込ませ、長く付き合える大人のデザインを目指していた。
中略


グローバルモデルで3代目(国内は2代目)となるアウトランダーは2012年10月に登場。エッジの利いたソリッドな面構成のエクステリアデザインを採用した先代から大きく方向転換を図り、イメージを一新。大海原から“しろながすくじら”が悠然と(?)ジャンプする当時のテレビコマーシャルの映像がじつになじむ、雄大さが特徴のエクステリアデザイン。
中略
これまでの無機質なイメージから、生きているような有機的デザインへと転換を図った意欲作だ。
アウトランダーPHEV 新発売時CM

が、押し出しの強いほかの三菱車のデザインと比べて、かなり落ち着いたデザインはあまりウケなかったと判断したのか、発売からわずか2年半となる2015年6月に大幅改良を実施。フロントデザインをモデルチェンジ並みに刷新した。
中略
Concept PX-MiEVII2011年 アウトランダーPHEV初期型2013年
2代目アウトランダー2012年 アウトランダーPHEV後期型2015年


2015年6月のマイナーチェンジで大幅改良を実施。その半年ほど前の2014年10月のパリモーターショーで「アウトランダーPHEV Concept-S」としてコンセプトカーを出展し、市場に投入されたものだ。
中略
三菱自動車の新たなフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。パワーやパフォーマンスを表現するセンターのブラック部を左右から包み込むバンパーサイドの造形により、人とクルマを守る機能をダイナミックで力強い形として表現した。

現在の三菱車のほとんどの車種で採用するおなじみの顔つきだ。
中略

そしていよいよ今冬に国内投入を予定する第4世代のアウトランダー(国内では3代目)。すでに北米で発売を開始しているが、そのデザインのベースとなったのは、2019年3月のジュネーブ国際モーターショーで世界初披露となったコンセプトカー「エンゲルベルクツアラー(ENGELBERG TOURER)」である。
新型アウトランダー2022 allnew Mitsubishi outlander

新型アウトランダーのコンセプトは、「BOLD STRIDE(ボールドストライド)」で、ドライバーが自信を持って新しい一歩を踏み出せる力強さや頼もしさを表現したそう。これはまさにエンゲルベルクツアラーのコンセプトとも合致。
後半略
➡︎□元記事に



流石カー専門誌なのでエアトレック、
初代アウトランダー迄遡って、
当時の派生車種迄紹介してありました。
こうしてみると、PHEVの発売に合わせた
有機的なデザインが三菱としては社風に合わない
チャレンジだったかの様に見えますね。
個人的には、初代アウトランダー、
そして初期型アウトランダーPHEVと乗り継いできた
自称「正統派アウトランダーオーナー」笑)ですので、
思い入れがあります。
待ちに待った新型アウトランダーPHEV
本当に期待する人間の1人です。
しょうゆか、ソースは時代の流れやヘッドライト技術の
進歩によるものもありますが、
今回は三菱らしいクルマに仕上がっていると思います。

小生が2021年4月記述の新型アウトランダーPHEV2022発売までの経緯
次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測
三菱エンゲルベルクツアラー 3代目アウトランダー2021比較 engelbergtorer vs outlander2021

➡︎□新型アウトランダーPHEV発売迄の経緯とPHEV予想


日本車の怖い顔化

➡︎◻︎クルマの「怖い顔化」について
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する