fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ボルボの次世代EVのセンター「Concept Recharge」(コンセプトリチャージ)

EVの進化には目覚ましいものがあって、
今度のボルボの次世代EVは凄いかもしれません。




Volvo Cars(ボルボ・カーズ)は、2030年までにラインナップを完全に電動化したいと考えている。それを実現するための計画と、次世代の自動車がどのようなものになるのかを、明らかにした。
しかし、ボルボは単独でそれを開発するつもりはない。同社は将来のモデルラインナップを、Northvolt(ノースボルト)やGoogle(グーグル)、Luminar(ルミナー)などのパートナー企業と協力して構築する計画について詳しく説明した。そして同社の次世代電気自動車の「マニュフェスト」として、フラットなフロア、車内に備わる2つのスクリーン、観音開き式のドアを特徴とするコンセプトカー「Concept Recharge(コンセプト・リチャージ)」の画像を初公開した。
ボルボ コンセプト リチャージEV volvo consept recarge



Concept Rechargeのルーフには、Luminar製のLiDARセンサーが搭載されている。これは、2021年6月初めに発表された、ボルボの次期フラッグシップ電動SUVにLuminarのテクノロジースタックが標準装備されるという発表に沿ったものだ。
バッテリーに関しては、ボルボスウェーデンのバッテリー開発企業であるNorthvoltと共同で、航続距離1000キロメートルを可能にするパックを開発しており、Northvoltがそれを実現すれば、エネルギー密度の面で大きな功績となるだろう。両社は、2026年までに巨大バッテリー工場を欧州に建設することを目指し、新たに50%ずつの出資で合弁会社を設立する。この工場では最大で年間50ギガワット時のバッテリーパックを製造する能力を有するという。また、ボルボは2024年より、スウェーデンのスケレフトーにあるNorthvoltのバッテリー工場から、年間15ギガワット時のバッテリーを調達する予定だ。
ボルボ コンセプト リチャージEV volvo consept recarge

将来のボルボの車両は双方向充電が可能になる。これは、EVを移動可能な発電機として使用したり、あるいは車載バッテリーパックに蓄えておいたエネルギーを電力網に放出し、ミニ発電所としての役割を果たせる機能だ。

ボルボは同社独自のOSである「VolvoCars.OS」が、Googleが主導するインフォテインメントシステムや、Linux(リナックス)、QNX、そして車載電子制御ユニット用のAUTOSAR(オートザー)などを含む、基礎的なオペレーティングシステムの「アンブレラシステム」として機能すると述べている。車両には最大100個の電気制御ユニットが搭載されるが、これらはNVIDIA(エヌビディア)と共同で開発した3基のメインコンピューターで構成されるコアコンピューティングシステム上で動作する。

また、ボルボは主力の電気自動車SUVに、Luminarのセンサー群と、ボルボのソフトウェア部門であるZenseact(ゼンセクト)の技術を搭載する計画についても、より詳細に説明した。ボルボの経営陣は、自動運転システムのレベル(米国自動車技術者協会が区分けした自動運転化のレベルを測る尺度)を尋ねる質問には答えず、今後導入する自動運転走行システムについては「要監視」または「監視不要」という言葉で説明したいと述べた。ボルボのシステムでは、ドライバーの監視が必要な「クルーズ」と、監視を必要としない「ライド」という2つのモードに分けられ、将来は監視不要な機能を徐々に導入していくとしている。
ボルボ コンセプト リチャージEV volvo consept recarge

将来的にこのシステムは、顧客から大量の運転データを収集することになるが、ボルボはそれを無駄にするつもりはない。同社は、運転自動化機能を利用した顧客から(顧客の同意を得て)収集した情報を処理するデータファクトリーの構築を目指しているという。これらのデータを活用してシステムを改善していき、それを無線アップデートを介して顧客の車両に反映させる予定だ。

「私たちは、この会社を単なる従来型のプレミアムな会社から、急速に成長している新しいプレミアムな電気自動車セグメントのリーダー的な会社へと変えていく必要があります」と、ボルボ・カーズのHåkan Samuelsson(ホーカン・サムエルソン)CEOは語っている。「私たちは内燃機関を理解したように、電池を理解する必要があります」。
➡︎□元記事に



ボルボは、中国吉利汽車の親会社の浙江吉利控股集団に買収されているので、
資金力はあるとは思いますが、世界の強豪と伍して行くには自力でのEV開発というより
いかにパートナー企業と組むかという事に賭けているように見えます。
そういう意味で、
今までの内燃機関部品の納入企業と違う会社の名前がバンバン出てきます。
(全く知らない会社ばかり)!!
Volvo luminer ボルボ ルミナー画像計測自動運転
先ずはルーフに装着したレーダーと画像解析を行う米ルミナー社
写真のAI加工ソフトなどでも定評があるようです。
Northvolt ノースボルト スウェーデン EVバッテリー
次はバッテリーを担うスウェーデンの「ノースボルト」社。
こちらはVW、BMW等の独企業にも納入しているギガ工場持ち企業です。
EV航続距離1000km狙いは凄い!
エヌヴィディアとは nvidia
そして最後は、コンピューターの半導体を納める米エヌヴィディアです。
ゲームのGPU(グラフィック制御)などで急進した会社らしいです。

このクルマに積む電子制御ユニットが計100個とは!
今やEVは正にコンピューターと電子部品の塊のような感じですね。

今後もボルボの他企業との共創に注目です。

VOLVO new XC40e 2030年迄完全EV化

➡︎□ボルボ2030年までに完全EV化 BEV 8機種投入


ボルボV40 CM

➡︎□四角くなくても安全なボルボへ2015年CM記事に

ボルボ新型V40

➡︎□2017年には段階的に全てをEV、HVにと宣言(当時はかなり先進的でした)


ボルボ ポールスター1

➡︎□今思うとボルボのEVブランド「ポールスター」では既にBEV化EC販売化はやっており、本体が追随という事です。


横浜SUVフェア2019 ボルボXC90

➡︎□実車を見ると欲しくなるボルボXC90(ちょっと高いが、、)
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する