fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱自動車×ゲヒルン「特務機関NERV災害対策車両」の新動画を公開

今日は三菱の特別仕様車「特務機関NERV災害対策車両」の話題です、



 ゲヒルンは10月4日、三菱自動車工業と共同で、多くの人に停電への備えを啓発するために「特務機関NERV災害対策車両」の紹介動画を公開した。
三菱自動車×ゲヒルン「特務機関NERV災害対策車両エクリプスクロスPHEV

特務機関NERV災害対策車両は、三菱自動車の「アウトランダーPHEV」をベースに共同で製作し、2019年12月からゲヒルンにより運用されているもの。2021年3月まではアウトランダーPHEVの2台体制だったが、2021年4月から1台が新型「エクリプス クロスPHEV」に入れ替わり活動している。この発電・給電機能を備えたPHEV(プラグイン・ハイブリッド車)で、事故や災害で長時間にわたる停電が発生したときでも、ゲヒルンが独自に電力を確保し、情報発信の活動を継続できるように配備している。

 今回公開された動画は、リアス・アーク美術館(宮城県気仙沼市)の常設展示「東日本大震災の記録と津波の災害史」に掲示されているパネルの冒頭に書かれている言葉「反省とは、未来を考えること。」をコンセプトに製作。動画では、車両の機能を説明するとともに、特務機関NERVが災害対策車両を整備して、大規模な停電に備える取り組みを紹介している。
三菱自動車×ゲヒルン「特務機関NERV災害対策車両

 ゲヒルンは北海道胆振東部地震により北海道全域が長時間停電したことをきっかけに災害対策車両を整備しはじめ、万が一首都圏でブラックアウト(大規模停電)が起こっても慌てることのないように、できる限りの備えを行なっておきたいとのことで災害対策車両を運用しているという。

 公開された動画「特務機関NERV災害対策車両」編では三菱自動車の災害対策車両の機能を、「停電に備える」編ではNERVの停電対策を紹介している。

➡︎□元記事に



この動画はアートなのですが、少々凝りすぎか、、、
災害ネタを直球で表現すると見たくなくなる映像になるので
苦労しているのがわかります。
更には以下の様な動画の解説も



三菱自動車のPHEV(プラグインハイブリッドEV)を災害対策車両として導入するゲヒルンと三菱は、共同で動画を配信。動画では『エヴァンゲリオン』シリーズで相田ケンスケ役を務めた岩永哲哉さんによるナレーションで、「特務機関 NERV 災害対策車両」について、そして災害時に向けた備えの大切さを語りかける。
相田ケンスケ役を務めた岩永哲哉
(相田ケンスケと岩永哲哉さん 似てます)

三菱は「特務機関 NERV 災害対策車両」篇、ゲヒルンは「停電に備える」篇として、それぞれの公式チャンネルで配信している。

動画のコンセプトは「反省とは、未来を考えること。」。この言葉は、リアス・アーク美術館の常設展示「東日本大震災の記録と津波の災害史」に掲示されているパネルの冒頭に書かれているもので、ゲヒルンは「私たちのアプリ開発の手法や理念に大きな影響を与えています」と説明する。

動画では、赤と青の「線」で描かれるイラストととともに三菱のPHEVの機能を解説。災害情報を発信する特務機関NERVとして災害対策車両を整備し、大規模な停電に備える取り組みを伝えると同時に「一般の方々にも停電への備えを啓発する目的で制作を行いました」(ゲヒルン)。

特務機関 NERV 災害対策車両として導入されているのは、『アウトランダーPHEV』と『エクリプス クロス PHEV仕様』。三菱のPHEVは外部から充電することができる電気自動車であると同時に、ガソリンエンジンによる発電も可能。クルマに貯めた電気は、走行するためのエネルギーとしてだけでなく、AC100V/1500Wコンセントを通して様々な家電製品などにも使うことができる。一般家庭の電力量であれば最大で約10日分もの電気をまかなえるので、万が一の停電時にも役立つ。
三菱自動車×ゲヒルン「特務機関NERV災害対策車両エクリプスクロスPHEV

ゲヒルンが災害対策車両を整備したきっかけは、北海道胆振東部地震により北海道全域が長時間停電したことだったという。「胆振東部地震のときのようなブラックアウトが、万が一、首都圏で起こったときのことを想像すると、備えが不十分だったと後悔する無力な自分たちの姿が見えました。そういった想像が浮かんでくる以上、できる限りの備えを行いたいと思い、災害対策車両を運用しています」
➡︎□元記事に



日本×アニメ×災害救助という事に注目したコラボなのかも
しれません。どうもアニメと災害ののりそりがよくありません。
「非現実」と「超現実」だからなのでしょうか、、、
再度個人的に主張しますが三菱はラリーアートに特化した方が良いと思います。
ラリー×災害救助の方が、
「現実の過酷環境対応車」と「超現実」でしっくりきます。

三菱自動車×ゲヒルン「特務機関NERV災害対策車両
三菱自動車×ゲヒルン「特務機関NERV災害対策車両
(この座組発足時の動画より壱号弍号車)


三菱×TOYO TIRES「特務機関NERV」災害対策車両アウトランダー エクリプスクロスPHEV


➡︎□三菱×TOYOタイヤコラボ NERV車両

『アウトランダーPHEV』特務機関NERV仕様

➡︎□特務機関NERV仕様アウトランダーPHEV見てきました

「アウトランダーPHEV」ベースの災害対策車両「特務機関NERV制式電源供給・衛星通信車両 5LA-GG3W(改)」を制作

➡︎◻︎公式HPを元に記載したNERV災害対策車両アウトランダーPHEV の小生既述記事

日産の災害対策用車「RE-LEAF(リ・リーフ)」

➡︎□日産の災害対策車両「REーLEAF」がカッコいい


北米レベルラリー2022年型の三菱アウトランダー参戦


➡︎□北米三菱の新型アウトランダーラリー仕様車

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する