fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログからの個人的考察②機能編

三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ コンセプト
遂に三菱新型アウトランダーPHEV(22型)が公開されました。

公式のカタログからこのクルマの特徴を考察していきます。
2回目は機能編です

三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ PHEVシステム SーAWC
先ずは今回のフルモデルチェンジ最大の目玉PHEVパワートレインの強化です。
昨日の諸元比較にも書きましたが今回の目玉は電動部(EV機能)の強化です。
 定格出力 40kw/40(現行25/25)
 最高出力 85kw/100(現行60/70)
 最大トルク255N.m/195(現行137/195)
 駆動用バッテリー20kwh(現行13.8)
→ EV走行換算距離Mグレード87km GPグレード83km(現行65km)
 本来は進化したPHEVパワートレインとS=AWCに関して
 もっと詳しく熱い情報が欲しかったのですが、そこは何故か非常に簡略でした。
 三菱は明電舎製のインバーター一体モーターによる前1後2のトリプルモーター
 の研究を行なっていたのですが、アライアンスによる電動部品の共通化、
 トータルでのパフォーマンスバイコストの観点で、今回は採用を見送ったと思われます。
 しかし、今後最終的なSーAWCの完成の姿は4輪駆動にクアッド(4)モーターなのだと想像します。
 今回の新型アウトランダーPHEVはそれへの大きな通過点と捉えます。
三菱トリプルモーターPHEVシステム Mitsubishi 3-motor plug-in hybrid EV system

➡︎2016年三菱GTーPHEVコンセプトのトリプルモーターシステム


三菱マイテックコンセプト ガスタービンエンジン搭載PHEV


➡︎□クアッド(4)モーターの三菱MI−TECHコンセプト

7つになったドライブモードのセッティングももう少し詳しいものがほしかったです。
個人的にはこの複雑な「ドライブモード」のセッティングは興味深々です。
これ以外に、スイッチで切り替える「EVモード」(NORMAL→ECO→EV→CHARGE)があり、
更にパドルシフトで切り替える、モーターブレーキ発電できる「回生モード」セレクターがあり、
それでもって、日産ワンペダルが選択できる「イノベーティブペダルオペレーションモード」
があるってどんだけモードがあるんだ!という感じです。
各々のモードがパラレルなプログラムになっているかは不明ですが
理論上は7ドライブモード×4EVモード×5回生モード×2ペダルモードで
280通りもの乗り方ができるということでしょうか!?
これって究極の「クレージージャパニーズものづくり」です。
アメリカ人やドイツ人にはついてこれない領域だと嬉しくなります。
乗りこなせるかは?ですが(笑)そこがこのクルマの良さです。
この辺の感覚はパワー志向のトヨタ寄りジャーナーリストには理解されないかもしれませんが、、、

アウトランダーPHEV エクリプスクロスPHEV ドライブモード違い

➡︎□エクスプレスクロスPHEVと旧型(19年型)アウトランダーPHEVのドライブモードの違い


新型アウトランダーPHEV 進化版SーAWC

➡□進化版S-AWCの仕組み個人的考察


三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ PHEVシステム SーAWC POWER CHARGE&SUPPLY 充電
サスペンションもアライアンスの共通部品流用で
新しい軽量化部品が採用されて、遂に2トンを超える重量級車
になったアウトランダーPHEVの足回りを支えます。
バッテリーとガソリンタンクが大きくなったので、「走る発電(蓄電)機」の
機能も向上。

三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ POWER CHARGE&SUPPLY 充電
アウトランダーPHEVの1500W給電は、
専用のインバーターを積んでいるため、パソコンや電気毛布等
電圧内であれば、あらゆる種類の家電が使用できます。
アウトランダーPHEV 1500W電源 インバーターパターン

➡︎□アウトランダーPHEVの交流給電は正弦波インバータ対応
三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ SAFETY
そして日産とのアライアンスの最大成果の一つ
安全装備、自動運転機能の改良です。
三菱マイパイロットが第2世代日産プロパイロットの流用により
レーンキープ機能(ハンドルアシスト)が加わり、
渋滞時0KM(停止)しても自動追尾するFCMが追加されました。

三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ SAFETY UTILITY

今回詳細は割愛しますが、
業界最高水準の最新の安全装置が全て
備わったと言ってよいと思います。

つづく、、、
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する