fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考に新型アウトランダーPHEVノミネート

新型アウトランダーPHEV
日本カーオブザイヤー最終選考にノミネートされました。
三菱新型アウトランダーPHEV(22型)



日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2021年11月5日、「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に進む10台「10ベストカー」を発表した。最終選考の結果は同年12月10日に発表される。

 10ベストカーは次の通り。2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売され、ノミネートした乗用車29車種から選ばれている。

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2021年11月5日、「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に進む10台「10ベストカー」を発表した。最終選考の結果は同年12月10日に発表される。

 10ベストカーは次の通り。2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売され、ノミネートした乗用車29車種から選ばれている。

トヨタ自動車「GR86」/SUBARU(スバル)「BRZ」
トヨタ自動車「MIRAI(ミライ)」
トヨタ自動車「ランドクルーザー」
日産自動車「ノート/ノート オーラ/ノート オーラ NISMO/ノート AUTECH CROSSOVER」
ホンダ「ヴェゼル」
三菱自動車アウトランダーPHEV
BMW「4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)」
GM(General Motors)「シボレー コルベット」
メルセデス・ベンツ「Cクラス」
フォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ/ゴルフ ヴァリアント」
 
 前回の「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、スバルの「レヴォーグ」に授賞された。審査員からは、「スバルグローバルプラットフォーム」とフルインナーフレーム構造の組み合わせで操縦性と快適性を高次元で両立した点、排気量1.8l(リットル)の直噴ターボエンジンでリーン燃焼に新たに挑戦した点、大型センターインフォメーションディスプレイやフル液晶メーターで構成したデジタルコックピットが高い評価を受けた。新開発のアイサイトXの搭載モデルが317万円からという価格も評価された。
トヨタ新型ランドクルーザー 新型ランクル2021
ランドクルーザー
ホンダ 新型ヴェゼル 8年ぶりフルモデルチェンジ
ヴェゼル
➡□元記事に


よく売れて実績のあるヴェゼル、
2万台の予約殺到で納車待ちが続くランドクルーザーあたりが
本命でしょうか。
但し過去も売れ数だけでないのがこの賞なので、
通好みの、新型アウトランダーPHEVにもチャンスがあるかもしれません。
➡︎□歴代カーオブザイヤー
ちなみに三菱車の受賞は
1997年ギャラン
1994年FTO
1990年ディアマンテ
まで遡り、20年間受賞していないことになりますね。
90年代に3回受容した三菱は元気がありましたね。

初代アウトランダーPHEVは2013年のイノベーション部門賞を受賞でした。

トヨタ RAV4 PHV toyota


➡︎□2019~年のカーオブザイヤー トヨタRAV4



三菱「エクリプスクロス」のTVCM「はじめての道を行け編」がカッコいいぞ

➡︎□2018~年カーオブザイヤーをエクリプスクロス逸す
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する