fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ロシアのカーサイト予想の『アウトランダー エボリューション』が素敵!

今日はロシアのカー情報サイトが予想した
新型アウトランダー(ガソリン)の派生モデル
「アウトランダーEVO」を紹介します。



三菱自動車は10月、人気クロスオーバーSUV『アウトランダー』新型を正式発表したが、そのハードコアモデルとなる『アウトランダー エボリューション』(以下、EVO)を大予想した。
三菱アウトランダーエボリューション EVO予想 Evolution

アウトランダーは、『エアトレック』後継車として初代が2005年にデビュー。プジョーやシトロエンにOEM供給していた。その後何度かの改良が行われ、2012年には2代目が発売。2013年には世界初の4WDプラグインハイブリッドSUVとなる『アウトランダーPHEV』が誕生した。新型は初代から数えれば第3世代、PHEVとしては第2世代へのフルモデルチェンジとなる。

EVOモデルの予想CGを提供してくれたのは、お馴染みロシアの自動車情報サイト「KORESA.RU」だ。
三菱アウトランダーエボリューション EVO予想 outlander evo

ボディは若干ローダウンし、メッキグリルをブラック加工に、ボンネットフードにはエアスクープを装備しているほか、フロントバンパーのワイドエアインテークはさらに拡大されハニカムメッシュに新設計されている。またフロントフェンダー後部にはエアアウトレットを追加、リヤエンドではデュアルエキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザーを装備、リアゲートには「EVOLUTION」のバッジが確認できる。

新型アウトランダーPHEVのパワートレインは、2.4リットル直列4気筒+デュアル電気モーターを搭載、バッテリー出力は約40%向上している。スペックはフロントが60kW/137Nmから85kW/255Nmに、リアは70kW/137Nmから100kW/195Nmと大幅に向上している。

EVOではさらにパワーアップが見込まれると同時に、伝説の「ランエボ」の血を継承するハードコアSUVの誕生が期待できるだろう。


➡︎□元記事に




日本人は一般にメッキ好きな国民な様ですが、
欧米や一部の国ではこの様な「メッキレス」なクルマが好まれているという
傾向があります。
三菱車のアイデンティティであるダイナミックシールドのクロームメッキ部を
大胆にもブラックアウトしたクルマです。
これはこれでカッコいいではありませんか!!。
日本で新型アウトランダーPHEVのメッキをブラックアウトされる御仁も
現れそうです。


以下に以前の記事で北米でブラックアウトしたカスタムカーを紹介しましたので
下記リンクから。
TULE TENT Attached to Mitsubishi Outlander スーリー付新型アウトランダー

TULE TENT Attached to Mitsubishi Outlander スーリー付新型アウトランダー

➡︎□北米でTHLEスーリー社が作っているルーフテントとブラックアウト仕様クロームメッキ車


市販化予想CG 三菱eーEvolution concept eエボリューション

➡□cliccar予想のe-Evolution 2021年1月


三菱 e–Evolution コンセプト2019 ベストカー誌

➡□三菱e-Evolution ブラッシュアップ?ベストカー2019年9月

三菱 e-Evolution concept eエボリューション東京モーターショー2017 EV SUV

➡□ランサー電動化で復活論2018年
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する